没後40年 熊谷守一「生きるよろこび」 於東京国立近代美術館

3月初めの日曜日、皇居のお堀端はたくさんのランナーが行き過ぎ、梅や桜も色づいて春の装いでした。
一度も熊谷守一作品を目にしたことがないので、初めて竹橋そばの東京国立近代美術館で開催されている回顧展に出かけました。

20180311132710_20180407105838210.jpg

初期の作品「轢死」 茶や黒の暗い色合いのなかに女の横たわる姿が描かれている、という説明を読んでも判別できません。
グラデーションが解っても、人体のラインが見つけられず・・・ 既知の明るくシンプルな線で描かれた、後半生の作品との違いに驚かされました。

200点以上の作品を鑑賞して、熊谷の70年以上にわたる制作活動での変遷を目の当たりにしました。
猫を描いた数作品は、彼が猫好きであったことがよくわかるユーモアと愛しさが感じられました。私には「伸餅」という、伸し餅三枚となっきり包丁を描いた作品が印象的でした。

20180311132739.jpg

97年の生涯で我が子を次々病死で失い、生活苦も通り越し、やがてきれいな色あわせで、明快に小さきものを描く手法でたくさんの人に愛される作品を生み出してきました。
「いつまでも生きていたい」自宅の鬱蒼とした庭で自然観察を楽しみながら、1977年没しました。
順風満帆ではないけれど、絵描きとして生きるよろこびを幾度も感じた人生であったろうと、スケッチや日記などにも触れて思いました。(S.K)

絵画教室作品展こどもの部

 木田金次郎美術館第4展示室で、
「絵画教室作品展こどもの部」を見てきた。

入ってすぐに28名分の家族の顔を描いた作品が並んでいた。
1枚に4人の家族の顔が色鉛筆で描かれている。どの絵も愛情にあふれ生き生きとしている。

DSC09677.jpg

DSC09678.jpg

 「北海道出光こどもお絵かきコンテスト」に出品された4年生から6年生までの部「石油の力」という題材名で乗り物が10点描かれていた。とてもしっかりした構成で、ヘリコプターや車が緻密に表現されていた。

DSC09682.jpg

 「北のみらいのクルマの絵コンテスト」入選2点は齋藤一翔君(小学4年生)と田村隼人君(小学4年生)の絵でぬり方がていねいで形もそれぞれに工夫している。

DSC09683.jpg
齋藤一翔君(左) 田村隼人君(右)

 西村計雄さんの顔を描いた13点は、顔のほうれい線や鼻の形をよく見て描いている。そして背景の色も工夫していた。

DSC09686.jpg

その他に段ボールやチラシをコラージュしている「いわないすいぞくかん」はどれも個性的で面白かった。

DSC09694.jpg

福田先生の指導の下、こどもたちが楽しそうに活動している様子が、目に浮かぶようだった。(S,S)

Volunteer Diary

2018/3/7
今日は全体会議でいらっしゃる人と名前を憶えていろいろな人と笑顔で会話出来るようになれそうです。
今年一年はサービス部でお客さんに対して少しでも絵を理解してもらおうとポプラの会を読んでいます。これからもよろしくお願い致します。(T.S)

2018/3/18
晴れの日。絵画教室展の関係で美術館は賑わっていますが、本来のお客様は午後から2名です。
小樽の美術サークルの会員さんでした。少しずつ春の訪れとともに来館者を望みます。(K.F)

2018/3/21
とても良い天気です。全体会議欠席の勝山さんも来てくれて4月からの各部の希望確認しました。(S.K)

2018/3/23
午前4名の入館者。展示室4では岩高美術部卒業記念作品展がちょうど受付に道展U21に入選を果たした佐々木さん、村田さんがおり、美術系の大学に進学決定した事やいつもは5時間くらい絵筆を持っていた等、聞く事が出来ました。
すばらしい作品がそろい、高校時代の足跡が力強く伝わりました。(S.Mi)

2018/3/27
急遽部会を開き、前田さんが手掛けたスクラップ帳3冊を持ってきて、資料の原案が変わり川村さんが原稿を持ってくることになった。
大森さん、前田さんと2人で平成8年からの新聞切り抜き記事のスクラップ帳や切り抜き記事の目次など、大変なご苦労があったんだなぁと感動した。
今後資料部一丸となって引き継いでいくつもりである。どこまで出来るかわからないが身の引き締まる思いである。(T.T)

鑑賞スケッチノート

2018/2/3 K様
風景の絵では、風が感じられたものや寒さを感じられたものもあり、その季節のどこか懐かしいにおいが思い起こされるようでした。
北海道の自然も様々な顔をもっていますが、ここ後志の空気感が感じられるものでした。他のミュージアムロード巡りも楽しみです。

2018/2/9  韓国 I様
札幌と小樽に宿泊するところがなくてくるようになった岩内だが、見れば見るほどよく来たという気がする。
油絵が好きな私にはとても良い絵だった。

2018/2/22 アメリカ合衆国 S様、C様
Wonderfuru paintings and Museum space! We are glad you were open in winter!
素晴らしい絵画と空間だった。冬も開館していて嬉しいです。

春の企画展のお知らせ

昨年秋より開催されていた「木田金次郎あいうえお」は3月28日で終了し、
4月1日(日)より
春の企画展「いろはに木田金次郎」が開催されます。
皆様のお越しをお待ちしております。

17秋冬&春ポスターHP

尚、展示入替の為
3月29日(木)~3月31日(土)
           休館とさせていただきます。
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析