臨時休館のお知らせ

11月7日(火)、8日(水)は展示入替の為、
休館とさせていただきます。

11月9日(木)より
秋から冬を迎える企画展「木田金次郎あいうえお」を開催いたします。
こどもから大人まで楽しめるよう「あいうえお」とカルタのように木田作品を紹介していきます。

17秋冬&春ポスターHP

また11月11日(土)より第4展示室にて
再会100年~有島武郎と木田金次郎パネル展」を開催いたします。
こちらは入場無料です。

皆様のお越しをお待ちしております。

文化の日は木田美術館へ☆

11月3日にて、おかげさまで木田金次郎美術館は
開館23年を迎えることができます。
木田美術館に来てくださるお客様、運営にご協力くださる皆さま、
さまざまな方の支えがあり美術館を開館しております。
日頃からご支援いただき誠にありがとうございます。

さて、 11月3日(金・祝)文化の日
木田美術館は盛りだくさん!

当日は観覧料無料
現在展示中「二千六百年の足跡」をご覧いただけます。

20171024142007.jpg

そして、第4展示室では岩内美術協会秋季展
11月5日(日)まで開催されます。

さらに文化の日ワークショップを開催!
展示を楽しむクイズに参加した方には心ばかりのプレゼントを差し上げます!!

DSC07520_201710241437209a2.jpg
写真は昨年の様子

この機会に木田美術館で芸術の秋をお楽しみください。

観賞スケッチノート

〇2017/9/2 新ひだか町 M.M様
絶筆バラの力強さにひかれました。

〇2017/9/3 匿名
アトリエ再現の古びた絵の具、最高です!!
“昔ながら”感が出ててよかったと思います。

〇2017/9/3 福井県 I.S様
海の絵の色づかいが良かった。

〇2017/9/5 岩内町 S.S様
第4展示室、1960年に描かれた「りんご」は木に実っていて、その生命力あふれる色と筆のタッチに圧倒される。
静物としての「りんご」は日にちがたっているせいか、いきが悪くなっている感があるものが多いが、この「りんご」は全然違う。

〇2017/9/5 岩内町 K.S様
来館は2度目です。我が家に木田さんのスケソの絵がありました。
大火で焼失してしまいましたが、今でもはっきり覚えています。
父のところにいつも来ていました。

〇2017/9/10 函館市 K様
10年前位から何回目の訪問になるでしょうか。明るく生命力にみちた作品に元気をもらってます。
海や波の描写が好き。花の絵もすてき。
気力を失って1人で出かけられませんでしたが、また必ず訪れます。

〇2017/9/10 埼玉県 U.S様
10数年前に来てから、又見たいという夢がようやく実現しました。
画家の絵を描きたいという生き様に素直に感じられる画家の進化する姿、絵と作家共にあこがれます。

〇2017/9/12 札幌市 T.M様
本日は木田金次郎美術館を目的に岩内に来ました。北海道を代表する画家はすばらしい。
札幌年金受給者協会豊平支部会員が6名で来ました。
すばらしいのを見せて頂きました。ありがとうございました。

〇2017/9/14 幌加内町 N.K様
以前から青い馬の絵に印象が強く心にきざまれていた。
ぜひ本物を見たいと思って来館しました。

〇2017/9/14 千葉県 T様
岩内周辺の風景画も良いですが、「そい」の力強さに感心させられました。
今度で5度目ですが、いつもほっとして帰ります。

〇2017/9/15 東京都 A.S様
羊蹄山を登ったあと札幌に行く途中、是非観たいと思いやってきました。素晴らしい展示です。
作品の力がじかに鑑賞できてとても有難い。又、来たいと思いました。

〇2017/9/18 東京都 N.S様
木田金次郎さんの妻文子さんに僕が高校生の頃、岩内高校でやっていたバンドの為に飲み物を頂いた事が一度ありました。
たまたま、Gの家が木田さんの近所という事もありまして、今思うと大変なつかしくありがたい気持ちでいっぱいです。

〇2017/9/22 札幌市 S.T様
モネの太陽も感動するけど木田金次郎も感動する。秋に秋を見るのもまたおつなもの!

〇2017/9/23 江別市 N.S様
すばらしい美術館。岩内の、後志の、そして北海道の宝です。

Volunteer Diary

2017/9/8
今朝は木田美周辺をとんぼの大群が飛び交い、比較的低空飛行なので驚きました。
70才位の紳士お二人。吹雪や休館日でやっと3度目で入館できたことを語って下さり、画集や絵葉書など求められました。
諦めずに来ていただき感謝です。(S.Mi)

2017/9/9
どんざペーパー版の過去分を届けに来た。
ちょうど講座のバスの時間で杉山さんとばったり会い、群暉の記事を書くための参加だが、この暑さ大変申し訳ない。(O.Y)

小粒で辛い岩内一中祭美術部展示

今回の作品は全体的に小さい絵が多かった。
共同作品は校長の藪智樹先生の写真をパソコンで画面処理をして小さい正方形でモザイクにしたものを丁寧に手で貼り付けて完成させていた。
藪先生の穏やかな雰囲気がそれとなく醸し出されてすてきな作品に仕上がっていた。
CIMG2712.jpg
校長先生の肖像

岩間広佳さんの「少年の笑み」がとび抜けて上手かった。
デッサン力がついていて、友達の内面まで感じられるような表現だった。
CIMG2719.jpg
少年笑み

高橋桂子さんの男子と女子の絵の背景のスパッタリングが緻密で美しかった。
色合いに工夫が見られた。
CIMG2717.jpg


他の風景画も全体的に丁寧で好感が持てた。
早い時間に鑑賞したせいか、名札がついていない絵が多かったのは、残念だった。
これからも自分の表現を大切にしてがんばって欲しい。(S.S)
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析