「こども展」展示作業順調に

1月27日(土)からはじまった「ふるさとこども美術展」
その舞台裏はたくさんの方の協力で無事に開催されることができました。


後志の小中学校から1526点の応募作品で埋め尽くされた展示室で1月18日に8名の審査員による審査が行われました。

DSC09316_2018020815341910e.jpg

皆、真剣に絵を見つめ、こどもたちの想いを感じ取っているようでした。
1次審査を通過した作品を再び展示室に敷きつめ、さらに数点選び、多数決により受賞作品が選ばれました。

DSC09327.jpg


1月23日、床に並ばれた展示作品を職員3名、道新の安本支局長、ボランティアの3名で展示作業がスタート。
393点もの作品を水平に展示していくのは中々難しく、画鋲を刺す指が痛くなりながらも、もくもくと作業を行いました。

DSC09364_20180208153424112.jpg

カメや牛の絵に癒され、高学年の絵に感心したり、「ここはあの場所だね」などと会話をしながら、あっというまに壁一面が鮮やかに彩られました。


表彰式前日、盾と吉田吉就氏に書いて頂いた賞状を並べ、会場設営を終えました。

DSC09396.jpg


1月27日、ついに「こども展」の表彰式当日。
会場にぞくぞくと受賞者やご家族が集まり、展示室内はたくさんの人で埋め尽くされました。

DSC09407.jpg

次々と受賞者の名前が呼ばれ、協賛して頂いた方々6名と館長により表彰状が手渡されました。

DSC09506.jpg


表彰後は岩高美術部顧問小倉先生により講評が行われ、こどもたちは真剣に聞き入ってました。

DSC09496.jpg


こうして「ふるさとこども美術展」は皆様のご支援のおかげで開催しております。
2月18日(日)まで展示していますので、たくさんのご来館お待ちしております。(S.N)

DSC09512.jpg

慈愛溢れる仏像彫刻

 岩内に仏像を彫っている方がいるということで、高台のお宅をお伺いした。
船見光英さん(90歳)で、奥様とともに柔和な笑顔で迎えてくださった。

 若い時は旋盤工として働いていたが、昭和29年の岩内大火で焼け出され、全修寺に仮住まいをしていたところ、その敷地内に家を建ててもらって住んでいたそうだ。
奥様はそこで洋裁教室を開き、船見さんは40歳代で全修寺の住職に勧められお坊さんになった。
そして45歳の時に、大仏師、松久朋琳著「心を刻む」の本に出会い仏像を彫り始めた。そして30センチメートルほどの大きさの30体ほどを制作したそうだ。

DSCN0570.jpg

 韋駄天像は3体彫って、全修寺と他の曹洞宗のお寺2軒に奉納されている。
今回拝見させていただいたなかで聖徳太子像がとても印象に残った。手に持っている物と手を切り離さないように緻密に彫っていた。顔は若く初々しくて美しかった。
仏像はみな穏やかな表情をしていて、見ていて心が安らぐものばかりだった。

DSCN0567.jpg

 ご夫婦二人で30代後半に札幌南校の通信教育を受けて、毎日夜3時間勉強を続け4年間で卒業したそうだ。
それがNHKの「500万人の顔」という番組で取り上げられた。そんな仲睦まじいご夫婦の生活の基盤があってこその仏像彫刻のように思われた。
退職した後も毎日仏像をご家族で拝んでいるという船見家の信仰心の篤さに心を打たれた。(S.S)

DSCN0572.jpg

『BYWAY 後志』新刊 入荷しました!

年に数回発行されている『BAYWAY 後志』

19号は木田美術館学芸員をはじめ、木田美術館にお馴染みのお客様や関係者の方々が執筆され、掲載されております。

ミュージアムショップにて販売中です

DSC09529_2018020814012767c.jpg

後志の魅力をお手に取りご覧ください

✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿

 『BAYWAY 後志』通巻19号
      定価 1,080円(税込)
  一部バックナンバーも取扱い中

✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿⋆✿

『冬のナイトオープン』のお知らせ

立春を迎え、春になるのが待ち遠しい今日この頃

20180206123957.jpg

2月10日(土)は『冬のナイトオープン』を開催します。

美術館の暖かい展示室で学芸員による展示解説を聞き、
その後はナイトラウンジで温かい料理と美味しいお酒でお出迎え
冬の疲れを癒しに来ませんか?

DSC08108_20180203140135e52.jpg

DSC08137.jpg
※写真は昨年の様子

*✤*✰*✤*✰*✤*✰*✤*✰*✤*✰*✤
    冬のナイトオープン
     2月10日(土)
18:30~ギャラリートーク
19:00~ナイトラウンジオープン
参加料:1,000円(観覧料・ドリンク代)
前売券は美術館にて販売中!
*✤*✰*✤*✰*✤*✰*✤*✰*✤*✰*✤

「ふるさとこども美術展」始まりました!

木田金次郎美術館で毎年開催されている
         『ふるさとこども美術展』
今年は1526点の応募があり、
1次審査を通過した393点の作品が展示されました。

DSC09316.jpg
1月18日に行われた審査の様子


そして、1月27日(土)10時半より、木田美術館にて表彰式が行われました。
木田金次郎賞をはじめ、各賞を受賞したこどもたちが
ご家族や先生方に見守られる中、賞状を受け取りました。

DSC09411.jpg
「木田金次郎賞」を受賞した本田凜さん

DSC09496.jpg
岩高美術部顧問小倉先生による講評

こどもたちの個性豊かな作品で展示室が彩られています
ぜひご覧ください

DSC09512.jpg

*******************
 第23回 ふるさとこども美術展
 1月27日(土)~2月18日(日)
 木田金次郎美術館 展示室4 入場無料
*******************

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析