岩内第一中学校美術部作品展始まります!!

岩内第二中学校に引き続き、
岩内第一中学校の美術部生徒さんによる作品展
が開催されます
地元の中学生の作品の数々を是非ご覧ください

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

『岩内第一中学校美術部作品展』
6月21日(水)~6月25日(日)
展示室4 入場無料

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

岩内美術協会春季展2017〈絵の町岩内で“出力”し合う〉

 絵を描く人がいます。それを見る人が居ます。絵を描く人は今まで貯めてきた五感の塊をキャンバスにぶつけ“出力”します。
 
今回も同じ地域に住む人たちが“出力”した世界を見ることができます。
会員たちが描いた絵は、6月を間近に迎える今日角度を変えた太陽のように鮮やかで明るく、北海道の遅い春・待ち望んでいた夏への期待を感じ顔がほころびます。
一方心から滲み出たような暗い色のキャンバスも、未だ続く容赦ない冷えを抱えた夜のようで黒の鮮やかさが目を引きます。
私も1点、その仲間に入れてもらっています。

DSC08553.jpg

 こうして公の場で絵を見てもらうと、ひと際絵を見ている方の感想の中に予想外の指摘をされてハッとすることが何度かあります。そういう時は体の中を見透かされ、奥深くの臓器が密かに動く様を観察されているようです。
そうして心を言い当てられるのは恥ずかしいですが、ホッと安心するんです。「私は理解されたんだ」と、これは不思議な感覚です。
私も他人の絵を見るときは表面よりも1枚奥の何かを見たいと思って見ています。
構図や配色など難しいことは抜きにして、描いた人がどんな人なのかを絵から考えるとより深く絵の世界に入り込むことができます。
同じ地域に住む人同士共通点を探すよりも面白いです。

 出品していて何ですが、私は最近まで絵を人に見せるのが嫌でした。昔学生時代の人たちは“普通”を求め、私の絵の感想には「ふ~ん」の一言の後こう言うんです、「絵がうまいんだね」。曖昧で、突き放すような冷たい言葉に何度も落ち込みました。
しかし去年縁あって出品させてもらい、会場に緊張しながら足を運んでみれば皆はっきりと絵の感想を嬉々として教えてくれました。嬉しそうな表情で声をかけてくれるのが印象的でした。
この町で絵を見てもらい、見るのはまだ2回目ですが同じ地域に住む人たちと“出力”したものを見せ合える事を嬉しく思っています。
 
DSC08577.jpg

自分が描いた絵の感想を聞くのは非常に大きな糧になります。
「上手ですね」の一言も嬉しいですが、描いている人は具体的に言って欲しいんですよ。「私この色が好き」「この景色はいい」そして、「壁に飾ったらすてきだね」。
絵の感想を言うことは言葉の“出力”ですから、会員とともに展覧会に参加していただきたいです。(Y.Y)

前川茂利が撮った岩内~働く人たち

 その風景は岩内大火後落ち着いたころの港の様子だった。今とは全く異なる漁港の活気が伝わってくる。
スケソウダラや真鱈がこぼれんばかりに入った木箱や馬車がある。
中型のサメがずらりと並んだ港がある。このサメは一回焼いて壺に醤油で漬けて食べたそうだ。サメは臭みがあって腐りやすいので、そうやって保存したのだろう。

DSC08512.jpg

はえ縄を運ぶ人たちの表情は、みな穏やかだ。今日とれた漁の収穫に安心し満足しているのだろう。
一家総出、子どもも大人も漁の準備や後片付けを手伝っている様子がほほえましい。 
それとは対照的に打ち上げられた破船の写真があったりする。
西風の強い岩内港は全国でも例を見ない築港工事によって守られてきたが、破船の処理は定かに決められていなかったようだ。遺棄された破船は痛々しい。

DSC08528.jpg
 
岩内の人たちは、家族を養うために農業も営み、半農半漁の生活をしていた。
米や野菜そして魚や貝があれば食べることには困らない。冷害で米がとれない年もあっただろう。でも大漁なら、日銭もたくさん入り、外からの米や、味噌や醤油も買えるだろう。
また屠畜場があったので、その時代では珍しい肉も手に入ったらしい。浜だからこそのつつましいそして豊かな生活がそこにはあった。
後編もぜひ見てみたい。(S.S)

          ☆予告☆
前川茂利が撮った岩内<後編>
           ~街のくらし~

     9月28日(木)~10月29日(日)

共和町の写真家・前川茂利が撮影した岩内の人と風景。
後編は賑わいを見せる岩内市街の姿を紹介。

「岩内絵画教室」から「全道展」入選!

1945(昭和20)年に創立され、木田金次郎が創立会員のひとりでもある「全道展」(全道美術協会)。
第72回をかぞえる今年、地元共和町から入選者が誕生しました!

山川由紀子さん。昨年度から「岩内絵画教室」を受講し、「岩内美術協会」にも参加している方です。
伝統ある公募展の水彩部門に、初出品で初入選は快挙。美術館としても、とても嬉しいことです!

山川由紀子さん
山川由紀子さん。「岩内美術協会春季展」出品作品とともに。

山川さんに美術館にお越しいただき、お話をうかがいました。

「受賞の知らせを聞いて、とても嬉しいです。もともと水彩画を描いていて、美術系の専門学校にも通っていましたが、結婚後は制作から遠ざかっていました。札幌から共和町に転居し、描きたい気持ちが沸き起こり、『岩内絵画教室』へ。教室の皆さんが話しかけてくれ、福田先生が丁寧に助言してくださるので、本当に楽しんで制作しています」

全道展入選記事(『北海道新聞』2017年6月12日)
『北海道新聞』2017年6月12日、全道展入賞・入選者。
「岩内美術協会」会員からは、早瀬文子さん(寿都町在住)とともに、山川由紀子さんの名前が。


「福田先生から『岩内美術協会』への入会を勧められ、こちらでも会員の皆さんから助言や刺激を受けています。全道展会友の小島英一さんから、熱心に出品を勧められ、初めて応募してみましたが、このような結果になり、本当に嬉しいです」

第125回岩内美術協会春季展展示作業
5月に開催された「第125回岩内美術協会春季展」展示作業の模様。山川さんも作業。

「全道展への出品作品は、家で集中して描きました。もともと水彩画は油彩画と比べると負けてしまうので、遠くから見ても引き立つように気を付けて制作しました」

第72回全道展
「第72回 全道展」は、6月14日から札幌市民ギャラリーで開催。

入選作品は写真の上の作品よりも大きな、《ふたりぼっち》という作品。
会場でぜひ見てみたいです!

絵の仲間となった絵画教室や美術協会の人たちの応援、そして何よりご主人の応援が、力になったようで何よりです。
山川さん、おめでとうございます!

(学芸員 岡部 卓)

********************
 第72回 全道展
 2017年6月14日(水)~25日(日)
 札幌市民ギャラリー

********************

たら丸ブックが完成しました

木田美術館ではゴールデンウィークのイベントとして、大きな本に見せかけたボードに折り紙で兜を折って、町のキャラクターのたら丸べに子の塗り絵をして貼りつけるというワークショップを行いました。

小さな子から小学生、大人の方も参加してくれて、みんなで『たら丸ブック』を完成することができました
DSC08484.jpg

たら丸べに子が遊びに来てくれるということで、小学生の子たちから、たら丸へ大きな兜のプレゼントが…
喜んでくれたみたい

DSC08466.jpg

そして展示室4で行われていた「前川茂利が撮った岩内」の展示を見て、たら丸べに子の元の姿?を鑑賞…
DSC08480.jpg

9日間毎日開催されたワークショップ、皆さん参加していただきありがとうございました!!(S.N)
20170511125523.jpg
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析