〈NHKのど自慢〉 in いわない

役場新庁舎落成記念
〈 NHKのど自慢 〉 in いわない
(岩内地方文化センター) より全国生放送



4月19日(日)、予想を上回る高倍率を制して獲得した入場券を手に、実家の母(81才)と繰り出しました。

DSC_0034.jpg

石川さゆり、氷川きよしが豪華ゲストで出演。
座席の抽選が始まる11時にはすでに長蛇の列が…。30分ほど並んで引き当てたのは…なんと中央最前列。
いやはやUnbelievable

出場者は、約一分間に最高のパフォーマンスをと精一杯練習に励み、工夫を凝らす。家族、同僚、友人たちも一丸となる。「何と晴れがましいのだろう」。年齢がかさむにつれ、自分の中で〈NHKのど自慢〉がより楽しくなっています

チャンピオンは中学一年生の札幌の小山田君。
まだあどけなさが残る民謡を勉強しているという少年は、袴姿で、氷川きよしの〈獅子〉を立派に歌い上げ、会場を大いに沸かせました。トロフィーを抱いて喜びをかみしめている表情がとてもかわいらしかったです

ゲストのお二人は出場者にたくさんの思いやりを持って接してくれ、素晴らしい歌声でそれぞれ新曲を披露。

放送後は、もう一度チャンピオンが歌ったり、ゲストがお馴じみの「きよしのズンドコ節」「津軽海峡冬景色」など、ミニコンサートのような、思いがけないラッキーな時間もありました。
氷川きよしのファンは、ペンライトやきらびやかな団扇で、賑やかな応援合戦。
石川さゆりは小顔で、しっとりとした佇まい。着物の袖口から出ている手が、驚くほどきれいだったのが印象的でした。

DSC04456_2015050916083256a.jpg

いろいろな町を訪れるこの番組作りには、NHK関係のスタッフだけでも30人くらいが携わっているとのこと。それに地元のスタッフが加わり、前日の250組の大規模予選会を含め、とにかく想像を遥かに越えた熱気あふれるビッグイベントでした。

岩内町に〈明るく、楽しく、元気よく〉のプレゼントを置いて、春一番となって駆け抜けて行きました
(S・Mi)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析