休みをもらって旅をしてきました

霞がかった富士山を間近に眺めることから始まった3泊4日のバスツアー。
2日目の『信州善光寺』
7年に1度の御開帳の期間ではなかったのですが、本堂にて阿弥陀如来様が安置されている「瑠璃壇」の床下にある真っ暗な回廊をめぐり「極楽浄土への錠前」に触れることで極楽浄土行きが約束される「お戒壇めぐり」を体験しました。
次から次へと参拝者が回廊へ入り、暗闇の中には沢山の人が数珠つなぎになっているにもかかわらず、本当に真っ暗で、眼を見開いても何ひとつ見えないということが何と心許なく不安なものか。ドキドキしながら、前の人にぶつかり、後ろの人に小突かれながらも無事錠前に触れ、出口の光が見えた時これで極楽浄土へ行くことが出来るとホッと一安心。

tabi 1

4日目の『日光東照宮』
徳川家康公が祀られている日本を代表する世界遺産のひとつであることは知っておりましたが、初めて目にした社殿群の豪華さに圧倒されました。
朝の早い時間だったのでとても静かで厳かな雰囲気。参拝者も少なく本殿石の間でお参りをさせていただきました。綺麗に化粧直しされた唐門がとても美しく、また有名な三猿、眠り猫など5,000を超えるといわれている彫刻を一部でしたがガイドしていただき、ゆっくりと見ることが出来ました。

tabi 2

ただひとつ平成の大修理の為、魔除けの逆柱がある「陽明門」を見られなかったことは残念でしたが、とても有意義な思い出深いイイ旅となりました。Power!full充電です!! (T・M)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析