木田金次郎の本棚(32) 『みづゑ』1959年6月号 針生一郎展覧会評

ロビーで延長開催中の、きだび図書館2014「木田金次郎の本棚」。
前の記事、「針生一郎さんのこと」に関連した一冊。

『みづゑ』1959年6月号
『みづゑ』649号(1959年6月号)

『みづゑ』は、現在は休刊してしまいましたが、
日本を代表する美術雑誌として、
1905年に創刊された、伝統ある雑誌です。

ここに、当時34歳、気鋭の美術評論家として活躍していた
針生一郎さんが、日本橋高島屋で開催されていた
「木田金次郎作品展」の評を執筆したのです。

『みづゑ』649号針生木田展評
針生一郎評 「木田金次郎作品展」

木田にとって、初めての東京での大規模個展。
針生さんは、この展覧会を
「美術界に自己検討のテーマをあたえるような事件だった」
と評しています。

『生れ出づる悩み』のフィルターを通さずに、
近作を見つめる針生さん。

「まぎれもなく一貫した姿勢のうちに、
観照のおどろくほど深まりを示しているのをみる」


「様式というものが、作家の真の生命といかに無縁であるかを、
かれの仕事ほど雄弁に語っているものはない」


針生さんが全国に向けて、「事件」と言った意味をかみしめると、
いまなお、木田金次郎の画業が多くの人を惹きつけている事実が
はっきりと浮かび上がってきます。

ぜひ、多くの方に触れていただきたい批評です。


(学芸員 岡部 卓)

***************************
みづゑ 649号 針生一郎展覧会評
美術出版社
1959年6月発行

この本は、4月中旬まで延長開催中の、
「きだび図書館2014」でご覧いただけます

***************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析