針生一郎さんのこと

2月19日(木)の『北海道新聞』文化面に、
宮城県美術館「わが愛憎の画家たち―針生一郎と戦後美術」の記事が掲載されていました。

道新針生展記事と『みづゑ』649号
『北海道新聞』文化面(2015年2月19日夕刊)と『みづゑ』649号(1959年6月)

私(学芸員)も本気で仙台に観に行こうと思っていた展覧会。
ここは取り寄せた図録で我慢。

美術評論家・針生一郎さん(1925-2010)は、
2002年5月に木田金次郎美術館で講演して下さいました。
「木田金次郎の生涯と芸術」。
実は、針生さんから講演のお申し出があって実現したのですが、
帝銀事件の平沢貞通が登場したりで、とても刺激的なお話しでした。

2002針生一郎講演会2
針生一郎講演会「木田金次郎の生涯と芸術」
2002年5月18日 木田金次郎美術館


2002針生一郎講演会1
この講演会には、岩内町内外から100人が聴講。
会場は熱気を帯びていました。


そもそも針生さんは、
木田金次郎が初めて東京で開催した大規模個展
(1959年4月7日~13日・日本橋高島屋)の批評を、
美術雑誌『みづゑ』(美術出版社)に執筆されたことから、
ご縁がはじまっています。

『みづゑ』649号針生木田展評
『みづゑ』649号(1959年6月) 
針生一郎による「木田金次郎作品展」評



『みづゑ』で針生さんは、
「…木田金次郎作品展は、美術界に自己検討のテーマを与えるような事件だった」と記し、
北海道岩内で描いている画家の存在を、世に広げました。

そればかりではなく、
『芸術新潮』1959年6月号にも展覧会評を執筆していることを、
2008年に当館で講演いただいた、
正木基さん(当時目黒区美術館学芸員)から
ご教示いただきましたが、
当時を代表する美術雑誌2誌で紹介したという、
針生さんの木田に対する想いがうかがえます。

針生さんとのご縁は、これにとどまりませんでした。
講演から2年後の2004年、
当館会報『群暉(くき)』40号(2004年秋)に、
「木田金次郎と橋浦泰雄―2002年5月講演の補遺―」をご寄稿。
当館の大きなテーマ「木田金次郎の交流圏」にかかわる
橋浦泰雄(1899-1979)への関心から、
「生活のたたかいを決して中断せず、そこから芸術に向かう原点を保持した」木田と橋浦を、
有島武郎の「相互扶助」思想を発展させた人物として評価しています。

『群暉』VOL.40針生寄稿
木田金次郎美術館ニュース『群暉(くき)』Vol.40(2004年秋)
針生一郎「木田金次郎と橋浦泰雄―2002年5月講演の補遺―」



当館はテーマを深め、2006年に「橋浦泰雄―旅への導き」展を開催。
この展示を観に、針生さんが駆けつけて下さいました。
岩内を訪れた翌日には、
橋浦泰雄が民俗学研究を行うきっかけとなった、
青森県・下北半島の尻屋村を訪問するなど、
大病をされながらも、精力的に活動されていました。

2007橋浦展針生氏来館
「橋浦泰雄―旅への導き」展を観る針生一郎さん。
2007年7月31日 木田金次郎美術館


宮城県美術館の展覧会には、木田金次郎のことは紹介されていないのですが、
図録に、1959年の木田の個展評の記録が掲載されていました。

宮城県美・針生展図録
宮城県美術館 「わが愛憎の画家たち―針生一郎と戦後美術」図録

戦後の日本美術とともに歩んだ針生さん。
展覧会には、膨大な作品と資料が展示されているようですね。
今日の記事と、図録で、針生さんの業績をじっくりと偲ぼうと思います。

針生一郎と木田金次郎(1962東京個展)
針生一郎と木田金次郎。
1962年4月、東京・日本橋高島屋「木田金次郎新作展」会場。
2度目の東京個展で、久しぶりの再会を喜び合っているよう。


雷電にて針生一郎
講演で初めて岩内を訪れた日、雷電海岸にて。
左から木田敏斌さん(木田金次郎次男)、青塚誠爾さん(当館名誉館長)、針生一郎さん
2002年5月18日



(学芸員 岡部 卓)

***************************
わが愛憎の画家たち―針生一郎と戦後美術
1月31日(土)~3月22日(日)
宮城県美術館
***************************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析