Volunteer Diary

26,12,27
美術館営業最終日。
入口屋根の雪下ろしをやっている。急勾配にしがみつくように頑張っている岡部さん。職員の皆さんは天井のすす払いにかいがいしい。年末なんだと実感する。
振り返って記念誌作りはまだ視界不良だ。だが暦が新たになればまた違う局面が展開するだろう。
1月、再会を楽しみに。(O・Y)

27,1,3
活動初日。寒気きびしい美術館への道を急ぐ。
職員の皆さんと新年の挨拶を交わす。今年も始まったなと全身がうずく。
いつもの手順で作業にかかる。カッター、のり、日付印等の七つ道具を並べる。最初の新聞を開く。切り貼り18年目がいつものように動き出した。
(O・Y)

27,1,9
 新年私が初めてお迎えしたのは、高齢のお父様と息子さんのお二人でした。尚斌さん、敏斌さんの中学時代、同校で体育の教員をされていたと・・・。「二人とも、良い子だったよ」と目を細めて懐かしそうに・・・。体内酸素計測器を持参して、回られていましたが、足腰がしっかりしておられました。どうかまた元気で来館してください。(S・Mi)

27,1,14
久しぶりの晴天に恵まれる。来館者は午前中お一人だった。20周年記念誌、少し灯が見えてきたと思う。(S・K)

27,1,23
 新聞の切り抜きをしていたら、職員さんに呼ばれた。外国人のご家族5人がいらした。どこから来ましたかと聞くとニュージーランドだそうで、京都、大阪、東京そしてニセコへ来たという。ニセコは8日目とのこと。奥さんに絵のことを聞かれ何とか答えられた。冷や汗!(S・S)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析