木田金次郎の本棚(31) 『画集 北海道 海のある風景』

前回の『画集 北海道の山』の続編にあたる本。

画集 北海道・海のある風景
『画集 北海道 海のある風景』

言うまでもなく、北海道は、太平洋、日本海、オホーツク海と、
四方を海に囲まれており、多くの画家たちによって、描かれてきました。

前回の山の画集に引き続き編まれたこの画集では、
海ごとに描かれた、54作家の60点が収録されています。

木田金次郎は、「ヘロカラウスの岩」と「夏の岩内港」。
この画集では道内各地の美術館学芸員が解説を分担。
上記作品は、私が執筆いたしました。

北海道の中でも、歴史の古い日本海側は、
本書の中では「海景」と「漁場」にわけて掲載するほど、多くの作品を収録。
山の表現とは、また違った画家たちの多彩な表現を堪能できます。

(学芸員 岡部 卓)

***************************
画集 北海道 海のある風景
北海道新聞社編
2003年5月発行

この本は、1月18日(日)まで開催中の、
「きだび図書館2014」でご覧いただけます

***************************
12月28日(日)~1月2日(金)は年末年始のためお休みします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析