木田金次郎の本棚(26)「りんごの秘密」

木田金次郎美術館1階ロビー・ティーラウンジにて、
きだび図書館2014「木田金次郎の本棚」が始まりました。
入館してすぐにご覧いただけますので、
美術館ならではの図書に、気軽に触れていただければと思います。

さて、本ブログでは、
2009年より、「木田金次郎の本棚」と題して、
少しずつ木田関連図書をご紹介して参りました。
すこし中断が長くなってしまいましたが、
また紹介を続けていきます。

まずはこちら、
りんごの秘密(ひろしま美術館)
「りんごの秘密」展図録(ひろしま美術館)

2005年4月に、ひろしま美術館(広島市)にて、
「りんごの秘密」という展覧会が開催されました。
古今東西、多くの画家たちにより描かれてきた果実・りんごをテーマとした、
ユニークな展覧会です。
副題の「描かれた禁断の果実」のとおり、
西洋の神話時代から、りんごはたびたび登場する果物ですね。

この出品作品の中に、
木田金次郎「りんご園」が登場します。
1957年・北海道立近代美術館蔵の作品です。

この本を眺めると、
実に多くの画家がりんごを描いているのがわかります。
同じ果物でも、様々な表現があるものですねえ。

きだび図書館2014
きだび図書館2014。お待ちしています!


(学芸員 岡部 卓)

***************************
「りんごの秘密」展図録
ひろしま美術館編
2005年4月発行

この本は、1月18日(日)まで開催中の
木田美図書館2014「木田金次郎の本棚」でご覧いただけます

***************************

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析