鑑賞スケッチノートから

○2014/11/1  札幌市厚別区  K・W様
ようやく木田先生の絵を見ることが出来てほんとうにうれしい。何度も岩内へは来るのですが、同行人が絵を見る人でなくあきらめて帰っていました。とにかくうれしかった。四季の色づかい、船の力強さ、ほんとうにすごい。

○2014/11/2  余市町  R・K様
描く木田さんの歯を喰いしばったような呻くような声、岩にぶつかり波が砕ける音、海風が当たり岩上の草がたてる乾いた音。絵から音が飛び込んでくるようでした。斉藤武一氏の著作を拝読してから参ったので、貧しさと闘う中での絵への執念も筆跡から感じるようでした。

○2014/11/3  神奈川県川崎市  T・M様
長い間訪れることを念じておりましたが、今日うかがうことができました。1998年秋、雷電街道から岩内までやって来ながらその時は一路朱鞠内湖を目ざしたものです。以来心残りで、画集で木田画伯の作品を見ていました。今日実物の数々を目のあたりにして圧倒される思いです。わたしの心に特に印象的な一枚の絵がありました。数年後になるかもしれませんが、その絵を見るためにまたやって来るつもりです。今日は強風が吹きつのっていますが、雷電街道も見たいと思っています。

○2014/11/22  札幌市中央区  I・Y様
1931年の「りんご」が印象的でした。また来ます。

○2014/11/22  愛媛県松山市  S・S様
躍動感ある絵でした。力強い風景画にひかれました。

○2014/11/24  札幌市中央区  W・M様
最後のバラの絵が鮮やかで素晴らしかったです。ポストカードを買って帰って、友達にも送ってあげようと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析