Volunteer Diary

26,4,4
 昨日より20周年特別記念展が始まりました。北海道銀行の創立から4作目のカレンダーで画家として初めて抜擢されたのが木田であったことに驚きました。しかも同時に2種類も制作(リンゴ・鮒)されていたとは・・・。その後幾度も採用された経緯を見ると、初代頭取の島本さんと木田の感性が呼応し合っていたのかな・・・とかんじます。(S・Mi)

26,4,13
 今年は、美術館の開館20周年。おめでとうございます。春の特別展、始まりました。道銀カレンダーの過去から現在までの軌跡をたどる展示、いいですね。木田の作品の採用率が高い。皆さんが考える「北海道的なもの」は何ですか?(Y・I)

26,4,16
 岩内第二中学校美術部展を見る。作品36点。風景画は2点、あとは中学生の抱える内面的な情景。作品の良しあしは別として表現できる手段としての絵画は感性を構築できるものとなりうるだろう。もっともっと個性のある画面を見たいものである。(M・R)

26,4,18
 有島記念館で木田を知り、是非と思いいらした70代の女性。とても熱心に時間をかけ、屋上の景色も満喫された様子。いろいろなお客様の木田に対する思いは大きく違うでしょうが、少しでも気持ちに寄り添った応対を心がけていきたいものです。(S・Mi)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析