FC2ブログ

ボランティアの研修~レオナール・フジタ展を鑑賞して

fujita.jpg
 「エコール・ド・パリ」を代表する日本人画家を、
藤田嗣治と記憶している人のほうが
多いのに・・・・・と思いつつ、日本初公開の
群像大作を見られることを楽しみに
レオナール・フジタ展に出かけました。

乳白色でかかれた裸婦や群像は独特の世界で
画壇で注目されるのも然り、私は複数の猫を
描いた作品に注目しました。

フジタの最晩年の生活ぶりは広く知られては
いなかったため、キリスト教に改宗し宗教画を
描いていたことや夢であった礼拝堂建設に
力を注いだ様子など珍しい資料をたくさん鑑賞し、
改めてフジタを知ったような気がしました。

大戦中に戦争画を描いたことで母国日本で
冷たい扱いを受け、フランス国籍を取得しても
どこか自分の帰る場所が欲しかったのでは、
とアトリエの再現展示を見て胸が痛みました。

 戦争に協力したつもりなどなかった、描いて
いたかった、そんな思いが伝わったのです。
後に「平和の聖母礼拝堂」の壁画や装飾を
美しく施した行為に、反戦の意志が静かに
表明されているように感じられました。
Foujita2.gif

                       S.K
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析