「生誕120年 読んで・観る木田金次郎」はじまりました

展示室1~3も展示替え。
11月8日から、秋から冬を迎える企画展
「生誕120年 読んで・観る木田金次郎」がはじまりました。

読んで・観る木田金次郎

この展覧会では、
生前、新聞や雑誌にエッセイを数多く執筆し、
優れた文章家でもある木田の一面を紹介します。

木田の文章を、「画家の心境」「北海道の情景」
「有島武郎の思い出」「一枚の手紙から」
「漁場の生活」のテーマにわけて、
文章を共通するモティーフの絵画作品とならべて展示しています。

展示室で、絵と文をじっくりと味わうことができる季節です。
ゆったりと木田の世界に触れてみませんか。

『「生れ出づる悩み」と私』
本展のテキストはこちら。紹介している木田の文章がすべて収録されています。
当館ミュージアムショップでお求めいただけます。


(学芸員 岡部 卓)

*************************
秋から冬を迎える企画展
生誕120年 読んで・観る木田金次郎
11月8日(金)~2014年3月30日(日)
*************************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析