瀧下尚久日本画展

明日から二つの展覧会が始まります。

そのひとつ「瀧下尚久日本画展」。

DSC08082.jpg

愛知県在住の日本画家・瀧下尚久さんの2003~2010年までに制作された大作を中心に展示します。
2008年、中日新聞に掲載された「生れ出ずる悩み」の挿絵を担当し、当館でも挿絵を展示しました。
そのご縁で、一昨年にも「大人の絵手紙講座」を開催、今回での個展は二度目となります。

今回の作品は屏風やパネル6枚分もある大作ばかり。
墨で描かれた「龍図」や富士山を描いた「黎明」は本当に迫力があります。

DSC08089.jpg

11月9日(土)には、美術館講座④にて、瀧下さんをお迎えして自身の作品について語っていただきます。
11月10日(日)は、瀧下さん指導のもと、箔を使って色紙(しきし)に日本画を描くワークショップを開催します。

ご参加お待ちしております!

********************

瀧下尚久日本画展
2013年11月8日(金)~12月8日(日)
展示室4 入場無料

11月9日(土)13:00~
美術館講座④

「日本画と親しむ―瀧下尚久ワークショップ」
場所:木田金次郎美術館
参加料:無料(ただし観覧料がかかります)

11月10日(日)10:00~
「墨と箔を使って色紙に描く」

場所:岩内地方文化センター 美術工芸室
参加料:無料
定員:20名
持ち物:筆、ぞうきん、テッシュ
汚れてもよい服装でお越しください

どちらも事前申し込みが必要です。
木田金次郎美術館(0135-63-2221)
までお申込みください。

********************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析