「しりべしの風景たち」の講演に参加して

三年前も藤倉英幸さんのお話を伺いました。
今回は63点もの原画を直接鑑賞する事が出来て、私の絵の友人(鎌倉の方)と旦那さんと三人で参加しました。

DSC07932.jpg

迫力と優しさと明るさに溢れた作品たちに触れて、本当に幸運な一日になりました。
作品展の初日に藤倉さんの岩内高校同期会もあり、会のしおりの中に「北海道を代表する有名イラストレーターが同期生にいるそうだし作品も見てみたいけれど、私は闘病中で行けません。いつ行けるかわかりません。」というお便りが寄せられているのを目にしました。この明るく力強いはり絵をその方に見せてあげたいと思いました。

DSC07961.jpg

はり絵作家として北海道にこだわって、北海道の明るい空気感をテーマとして、日々西から東へと歩き、考え、想いを巡らせている藤倉さんの姿勢は人々の心を魅了します。

『静かな風を聴きながら』の作品集をパラパラとページをめくっていくと、胸がジーンとして心が温かくなるのは何故でしょう。
 作品の中で岩内港に停泊している古い船が二艘描かれている『ふたり』というタイトルです。まるで人生を共に歩んできた老夫婦のように私は思えました。

DSC07936.jpg

岩内の人を「荒けずりな自然と飾らない人々」「数々の文化人、芸術家を生み出している町」とも評されています。
美しい海と山に恵まれている絵の街いわない町、海の風、山の風を日々感じて、耳を澄まして聴いてみよう。野に咲くのびやかで明るいオオハンゴン草のように。

DSC07969.jpg

(M・S)

藤倉英幸さんの作品は、今後、札幌・ニセコ・倶知安でも展示されます。

【札幌】10月12日(土)~10月27日(火)
JRタワー プラニスホール(札幌市中央区北5条2丁目札幌エスタ11階)
http://www.jr-tower.com/planishall_news_detail/586

【ニセコ】11月28日(木)~2014年1月13日(月・祝)
有島記念館(ニセコ町字有島57番地)
http://www.town.niseko.lg.jp/goannai/arishima.html

【倶知安】11月28日(木)~2014年1月13日(月・祝)
小川原脩記念美術館(倶知安町北6条東7丁目1)
http://www.town.kutchan.hokkaido.jp/town/somoa/index.jsp

有島記念館と小川原脩記念美術館での展示は同時開催です。両会場間は車で約15分です。
詳しくは各館にお問い合わせください。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析