第15回北海道立美術館ボランティア交流会に参加して

雨含む空を見上げ早朝7時、参加者10名、旭川に向け出発。
道立美術館5館と木田美術館を入れ、6館、総数105名。
12:30受付。13:10~交流会進行、サルバドール・ダリ展(1904~1989)観賞し、あべ弘士氏の講演(絵本作家)「アトリエを飛び出して」―ボランティアと一緒に作った展覧会―。

交流会1

その後、旭川美術館館長の挨拶から懇親会と同時各ボランティアの発表開始。
テーマは「23年度24年度2年間において、ボランティアが深く関わった行事、印象に残った展示について」発表。各美術館次々と発表。木田美術館は、行事「第18回ふるさとこども美術展」(2013年2月2日~2月17日)、展示は洋画家「私のまちの山岸正巳展」が出来るまでを発表させて頂きました。

会も順調に進み、最後は各地の出席者がフロアーの前に一列に、大会のお礼とそれぞれの会の名称の由来を解説して、最後は次回交流会の函館美術館の挨拶をもって終了。
計り知れない知識と感動を得て改めて前進したと思います。皆様に厚く御礼申し上げます。
夜21:30全員無事帰還。

(ポプラの会 S・K)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析