夏休みワークショップ

8月7日(水)
夏休みワークショップを開催しました

夏のワークショップは、岩内出身で美術活動をされている方を講師にお招きしています。

今年の講師は佐藤真琴さん

新聞紙の色がついた部分を切ったりちぎったりして貼り絵を制作されている方です。
過去には東急デパートで貼り絵講師をされていたり、とまりん館や町内で作品を発表したりしています。

佐藤さんの作品がこちら

DSC07753.jpg

新聞紙とは思えない作品です。

先生のご挨拶と今日の工作の説明。

DSC07755.jpg

今回も、岩内高校美術部の皆さんがボランティアでお手伝いに来てくれました。

今回は夏らしく、うちわに貼っていきます。
まずは、どんな絵を貼り絵にするか選びます。
佐藤さんが用意してくれたひまわり、さくらんぼ、いか、かき氷の型紙。美術館で用意したマスコットなどもあります。

絵が決まったら、今度は色選び。

DSC07766.jpg

新聞紙の中から、貼り絵にしたい色を選びます。
新聞紙に、カーボン紙で切るところに印をつけたら
あとは手でちぎって

DSC07768.jpg

貼っていきます

DSC07784.jpg

型紙が同じでも、どの色を選ぶか、どの部分を使うか、ちぎり方など、みんな違う作品が出来上がっていきます。
慣れてきた子は、型紙も無視してどんどんちぎって貼っていきます!

DSC07781.jpg

DSC07779.jpg

完成

みんな個性的な作品に仕上がりました。

DSC07787-1.jpg

参加者のみなさん、お疲れ様でした!

当日の様子が道新webに載りました

道新ウェブ

新聞には小樽後志版に載っていましたが、見られない方のために…
(G・I)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析