平成25年度(第6期)NPO法人岩内美術振興協会通常総会開催される

平成25年5月28日第6期NPO通常総会が午後6時30分から木田金次郎美術館で開催されました。

 本定例総会の議事議案は次の通りです。
  議事第1 議案第1号 平成24年度事業結果報告に関する件
  議事第2 議案第2号 平成24年度収支決算報告・監査報告に関する件
  議事第3 議案第3号 平成25年度事業計画に関する件
  議事第4 議案第4号 平成25年度収支予算に関する件
  議事第5 議案第5号 定款変更について
  議事第6 議案第6号 任期満了による役員改選について
以上の6件でした。
定款の定めるところ、「総会は正会員総数の2分の1以上の出席がなければ開会することができない。」となっていますので委任状提出者と出席者で2分の1以上になるかどうか、心配されるところですが、今回は正会員総数44人中 出席正会員9人 委任状提出者24人書面表決1名であるので会議は成立したとの瀧澤理事長が開会宣言をし、引き続き議事に入りました。
議案第1号から第5号まで、原案のとおり、承認されました。
議案第6号の役員改選については、全員再任となりました。
総会は1時間ほどで、特に問題もなく無事に終了しました。
定款によるとNPO法人の理事・監事は正会員でなければなりませんので、正会員の会費を払って、なおかつ、無報酬で職務に従事するので、役員の皆さん本当にご苦労さまです。今後2年間、よろしくお願いをいたします。
 理事長、副理事長は理事会で互選ですので、総会終了後直ちに理事会が開かれ、互選により、瀧澤進理事長、中村聰之副理事長、前田直久事務局長、佐藤英行監事、永井惠亮監事がそれぞれ再任されました。今後とも、NPO法人岩内美術振興協会及び木田金次郎美術館の経営をよろしくお願いいたします。
議案第4号 平成25年度収支予算については、収入29,312,606円に対し、支出29,266,302円ですので差引46,304円と実質ほとんど赤字覚悟の収支予算であると思われます。平成24年度は、決算見込では黒字予想でしたが、3月の暖房費増高により、結果的に506,895円の赤字になってしまいました。予算では83,044円の黒字を見込んでいたのです。
 従って、平成24年度の予算・決算の実績から見ると、平成25年度は大幅な赤字が予想されます。NPO立ち上げのころは、冬季開館は2~3年出来るかなと思っていた訳ですから、現在ある正味財産約400万円の範囲内に収めなければなりません。
入館者を増やす努力を、学芸員のみに託すことなく、NPO役職員をはじめ、会員皆さんの英知で考えなければ指定管理者の返上問題も、俎上に載せなければならなくなるでしょう。
(M・N)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析