ナイトオープンに参加して

6月15日(土)のナイトオープンに参加しました。

『木田金次郎の12カ月』という今回の企画では、普段から親しみある作品が月別に展示されていました。
僕が印象に残ったのは、初公開の「りんご」の絵。
今まで見たのと違う色使いを感じました。9月の岩内大火後の作品、絶筆の「バラ」のエピソードもわかりやすい岡部さんの解説でしたが、最後は新商品「金次郎飴」と「金次郎の塩」のPRに熱が入っていました。

DSC07530.jpg

ナイトラウンジでは、クリームコロッケ、スープ、ロールパンetc.ビールとピッタリでおいしくいただきました。

DSC07529.jpg

今回、北海道銀行の職員の方と一緒のテーブルで、又知り合いが増えました。中庭で過ごしながら、ようやく初夏の到来を感じました。木田さんの絵を見るようになって十数年が経ちました。
初めての頃は「ポプラ」のように若いころ描かれた作品が好きでしたが、最近は晩年の作品「モイワ」などに惹かれます。そして、この自分の変化を思う時、町に美術館があり、作品に触れる機会を何度も持てることが、何て貴重なことだろうと思います。そしていろいろな催しでは、スタッフの熱意と工夫が感じられます。これからも岩内町で“きらり”と光る美術館であり続けてください。 (S・K)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析