木田金次郎の本棚(23) 『還りなき旅路にて』

honda_convert_20130114151326.jpg
『還りなき旅路にて』

この本の著者、本田成親さんは数学者・作家。
全国各地を旅し、その模様をエッセイで発表されています。
当館の開館10周年記念で開催した「渡辺淳・貝井春治郎展」の折り、
「地方文化にいま一度誇りを」と題して講演をいただきました。

ちょうど1年前、2012年1月に刊行されたこの本は、
本田さんが朝日新聞のインターネットサイト「AIC」に、
「自詠旅歌愚考」と題して10年間連載したものを一冊にまとめたもの。
旅先で本田さんが詠んだ歌と出会い。
岩内を訪れた時のことも、記されています。

この本の表紙は、本田さんが旅を通じて結びついた、
福井県若狭の画家、渡辺淳さん。

様々な縁を感じることができる一冊です。


(学芸員 岡部 卓)

**********************
『還りなき旅路にて』
本田成親著 木耳社
2012年1月発行

この本は、1月20日(日)まで開催中の
きだび図書館2012「木田金次郎の本棚」で紹介しています。

**********************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析