FC2ブログ

幕開け好調 ナイトオープン

 6月20日(金)、今年1回目のナイトオープン。夕方には美術館周辺に霧が立ちこめ出足が心配されたが、第一部の解説が始まる6時30分頃には1F展示室は満員に近い入りとなった。
june-night2.jpg
 学芸員の岡部さんの通称「岩内派」の解説も昭和初期に岩内東小に勤務した若き教師たちと兄貴分の師匠木田との信頼関係を、エピソードを交えながら話したので分かり易かった。特に斉藤七資の「岩内港」を例示、木田の作品「波止場」と対比して構図や色彩の類似性から画法上木田が与えた影響の大きさを発見したり、道展大量入選の輝かしい実績に驚いたり、笠谷三吉の「花」の前で、札幌オリンピックのスキージャンプ・メダリスト幸生選手の父親であるといった意外な紹介もあったり、30分のトークを十分楽しんだ。
june-night3.jpg
 7時から第二部。職員が数日前から準備した手作りの料理を大皿からセルフで取り次々とテーブルに着く。飲むほどに話しが弾み、話が弾むほどに絆が深まる。地域住民が肩肘張らずに気軽に行ける美術館。そんな夢に大きく一歩近づいた一夜だった。
 参加者は82名。2回目は8月22日の予定。
June-night.jpg

O.Y
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析