スクラップブックが面白い!!きだび図書館のパワーポイント

 12月22日から第4展示室できだび図書館が開設される。
名画満載の図鑑や図録などを落ち着いた雰囲気で心行くまで楽しめるのだが、さてその中でスクラップブックの存在がどうも忘れられがちだ。

専用の書棚が3本、高さも幅も色もみな同じだから気が付くはずだがなぜか素通りしてしまう。
もともとスクラップブックそのものの外観がくすんだ色で自己主張が弱いから無理もないかもしれないが非常に残念だ。

スクラップ
スタッフルームに保管してあるスクラップ

 しかしいつも謙虚な姿勢をくずさないこのスクラップブックには実に多種多様な美術関連の情報が満載されているのだ。簡単に説明しよう。

収められた情報はすべて新聞記事で道新と朝日の2紙。切り取られた記事は六つの系統に分類される。
①木田美術館
②後志ミュージアムロード
③管内
④道内
⑤道外
⑥その他

である。

また新聞1ページ大の特集記事は分類に関係なく大型記事専用のクリアフアイルを使う。
新聞記事だから私たちの生活に直結しているし鮮度も高い。
数年前の記事でも当時を懐かしくあれこれ思い出すこと請け合いだ。
①木田美術館は特に気合が入る。岩内町広報、おなじみの波稲なども対象で細大漏らさず集める。またもし一点集中でその情報を詳しく知りたかったら大型記事のクリアフアイルがお勧め。

ところでこのスクラップブックは開館以来ボランティア資料部部員が原則週2回、夏の猛暑の日も、名物の猛吹雪が荒れ狂う冬の日も通い続け切り貼りの作業を守り通した結果で、ポプラの会にとって活動の一つの証になっている。
貼り方も見やすいように工夫した。鋏の入れ方も見た目がまっすぐになるよう気を配った。それでも小さな不手際があるかもしれない。気づいたら教えてください。一層の技術の向上に努めますから。

年間約10冊のペースで増加するスクラップブック集団。
きだび図書館の中で秘めたる実力を持ち独自の存在感があるのです。
どうか是非一度立ち寄って手に取ってください。

現在の総冊数141冊。なおきだび図書館は1月20日までです。

(O・Y)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析