新作ポストカード紹介 ―第8弾―

みかんを描いた一枚。
平皿にへたのあたりに形よい小さな葉を2,3枚付けた小ぶりのみかんを一気に描き上げたような作品。

みかん

1958年(昭和33年)2月の制作。
葉付のみかんなんてその当時、神棚にお正月飾りのお供えの最上段にチョコンと鎮座まします特別なものだった。普通の家庭でもよく見受けられた風習だった。2月だから木田家では旧の正月でもお祝いしたのだろうかとあれこれイメージがふくらむ。
岩内の2月は厳寒で吹雪が荒れ狂う。外の制作は難儀だ。
暖かい室内で妻や子どもたちに囲まれ時期の果物を気の赴くままに表現する。
前年、道新文化賞を受賞し気力横溢の木田。そんな木田家のワンシーンが彷彿として浮かんでくる。
ポストカードとして季節感がありシンプルな逸品。
どうぞ一度手に取ってごらんください。(O・Y)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析