芸術の秋in青森

10月20日に、青森に行ってきました。
行先は、三内丸山遺跡と青森県立美術館。
この日は、素晴らしい秋晴れ、絶好の旅日和でした。

まずは、三内丸山遺跡に向かいます。

名物?の栗味の「ソフト栗夢」を食べて、遺跡へ。

DSC06919.jpg
空が青い~!

地元の方が再現した縄文時代の竪穴住居や、高床式倉庫がありました。
紅葉はまだ少し早かったようです。

次は美術館へ。
遺跡と美術館は隣り合っていて、施設同士をつなぐ遊歩道も整備されていて、とても便利。

DSC06940.jpg
この壁も作品?

今回の旅の一番の目的は、青森県立美術館で開催中の展覧会「奈良美智:君や僕にちょっと似ている」(http://www.aomori-museum.jp/ja/)を鑑賞するためと、この日に開催される「あおもり犬をつくろう」というワークショップに参加すること!
ワークショップは、一ヵ月ほど前に募集をしていたので、ハガキで申し込んでみました。
美術館に到着し、まずは展覧会を鑑賞しました。

DSC06949.jpg
ポスターの前で写真撮りました♪

奈良美智さんは青森出身の現代アーティストで、ちょっと目のするどい子どものイラストを描く方です。
今年の24時間テレビのTシャツのデザインをされたりもしていました。

展示室に入ると、大きなキャンバスに描かれた、奈良さんのイラストとともに、展示室のど真ん中に大きな顔の彫刻がありました。2m×2m×2mくらいの大きさ。しかも頭部だけ。存在感すごかったです。頭部だけの彫刻は、いくつかあり、どれも迫力がありました。これだけ作るのには、かなりの体力と時間がかかりそうです!

ワークショップの時間になり、ワークショップ室へ。水道はもちろん、道具や棚、テーブル、屋外へ出られるドアもあって充実された部屋!うらやましい!参加者は、子どもから大学生、おばさんまで幅広く、20人くらいでした。

まずは、講師の方と参加者の皆さんで、外にある「あおもり犬」を見学に行きました。

DSC06975.jpg
迫力!

写真を撮ったり、よく観察して、あおもり犬制作に挑みます。
部屋に戻り、講師の方に作り方のコツを聞き、樹脂粘土で制作開始。

DSC06987.jpg
あおもり犬を作る材料

さっき見たあおもり犬を思い出しながら、撮った写真を見ながら、粘土をこねながら作ります。粘土が思うように形にならなくて苦戦。ふと、参加していた子供の作品を見ると、「とっても上手!!こりゃ負けてられん!」と、変に力が入りました。

DSC06991.jpg
色をつけても良いとのことでしたので、ピンクに。

なんとか完成して、仕上げにオーブンで20分ほど焼きます。

DSC06996.jpg
参加者の皆さんの作品

DSC06994.jpg
オーブンへ。

DSC07003.jpg
完成!

20分経ち、焼き上がりました!焼くと、樹脂粘土は硬くなり、丈夫になります。
なかなかの出来映えにちょっと満足。
だいたい皆さん完成し、感想など聞かれてワークショップ終了。

残りの作品が焼き上がるまでの時間は、特別に開店しているカフェで休憩し、常設展を鑑賞、ミュージアムショップでおみやげ選びをしました。ほぼ一日いましたが、広くて時間が無くて見れない展示もありました。。。
今度行ったときの楽しみにしておきます。

帰りは、青森のB級グルメ「バラ焼き」を食べました。

3644821.jpg
念願のバラ焼き

牛肉とタマネギをしょうゆベースのタレで煮込んだ料理。おいしい~!
昨年、青森に行ったときは、時間がなく食べることができなかったので、よりおいしさが増しました。

帰りの汽車の中では一緒に参加した友達と、今日作った作品の鑑賞会&撮影会。

DSC07029.jpg
みんな違う顔★

日帰り青森旅でしたが、遺跡も見れて、展覧会も鑑賞できて、作品も作れて、名物も食べることが出来て、有意義な芸術の秋を過ごすことが出来ました!
(G・I)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析