FC2ブログ

ここは竜宮城? 美術館で魚が泳いでいる!!

9月22日、秋のナイトオープン。

6時過ぎ、ロビー周辺が賑やかになる。共和町有志の農家による特設農産物売り場も盛況だ。

DSCN1264.jpg

6:30、第4展示室で山岸正巳展のギャラリートークに集まる。担当は雁原学芸員。企画から作品収集等に走り回っただけに話も具体的で面白かった。
この企画で町民の反応はすばやく好意的だった。町の広報で見た、口コミ、自薦他薦等いろいろなルートで一点また一点と結局36点も持ち込まれた。
魚介類限定のテーマもさかなの町岩内にぴったりで共感を呼んだ。魚屋さん、靴屋さん、すし屋さんに飲み屋さんそして一般の町民からも連絡が入った。山岸さんが町の人々にこんなに見守られ愛された証しである。

DSCN1268.jpg

このさかな展で1枚目と36枚目が意外にもさかなでない。最初皆さんをお迎えするのは山岸さんご本人48歳の頃の自画像だ。これは所有者の靴屋さんが、「大部分の人は山岸さんを知らないのでは」との心配りで急遽お借りし展示第1号に配置したという。最後に皆さんをお送りするのは平成7年制作の木田美術館正面の絵。前年美術館オープンだからまさに記念碑的作品。これはその年の商工会議所機関紙新年号表紙にと描いた原画である。

山岸さんの絵を手に入れた動機はさまざまだ。直接本人に頼んだ、開店祝いに戴いた、新築祝いに知人から戴いた、好きなので購入した等々。獲れたてのさかなを持って行くこともあったようだが、健康のため菜食中心になってからは描き終わると惜しげなく飼い猫に全部やってしまったという。

お借りした山岸さんの絵はどれも仕舞いこんでいるのでなく、家庭の居間、店内などの目立つ場所に掛けられていた。連絡を受けてお借りに伺うと絵にまつわる物語を懐かしげに話す方が多く、本当に絵の好きな町なんだなと思ったと雁原さんは述懐する。

7:00~8:00 ラウンジオープン。忙しい中で職員手作りのフードメニューにビールのサービス。

DSCN1282.jpg

今回は作品提供に協力された方の参加もあり一段と盛り上がりを見せた。
参加者約60名。美術館内水族館にどうぞ。

(O・Y)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析