第18回木田金次郎生誕祭・記念コンサート

7月16日(月・祝) ミュージアムコンサート 18:00~

海の日と重なった生誕祭の第2部は、もうすっかりお馴じみの、チェロ:竹本利郎さん、チェンバロ:明楽みゆきさんをお招きし、演奏会が催されました。

前半は宮崎駿監督のアニメ映画〈 風の谷のナウシカ 〉より、『風の伝説』『谷への道』など5曲をバロック調のチェロ組曲に構成した組曲。〈 となりのトトロ 〉より『ねこバス』、〈 もののけ姫 〉などをチェンバロとのデュオで計11曲を披露。
コンサート1

後半はチェンバロの独奏。「たて琴の遺伝子を持つチェンバロは0.33㎜のツメで弦をはじいて音を出している。」と解説の後、『ロンドンデリーの歌』、バッハの『カンタータ』、ヘンデルの『パッサカリア』などを演奏。マーメードを思わせる美しいブルーのドレスが夏らしくとても映えていたのが印象的
コンサート2

続いて日本の歌曲より、海の日に因んで海の風景が目に浮かぶようなしっとりした『 砂山』『浜辺の歌』『やしの実 』などが演奏され、来場者はなつかしんで聴き入っている様子でした。
終曲はマルチェッロのオーボエ協奏曲より第2楽章アダージョ『ベニスの愛』。情感あふれるお二人の演奏にすっかり魅了されてしまいました。
美術館で作品に包まれながら楽しんだこの日のプログラム(アンコールを含む全28曲)は、夏の夜のひと時に清らかな余韻を残してくれました。
札幌から訪れていたクラスメイトが「また来年も聴きに来たい。」となごり惜しそうに最終バス時刻に合わせて、休憩時間に急いでターミナルへ向かいました。今度はゆっくり来てね。 (S・M)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析