NPO法人岩内美術振興協会第5回[平成24年度]定期総会開催

平成24年5月27日 午後6時30分
木田金次郎美術館において、NPO法人岩内美術振興協会第5回[平成24年度]定期総会が開催されました。
定刻となり、滝沢理事長による開会宣言の後、出席者11名、委任状提出者27名 計38名で総会が成立し、理事長挨拶ののちさっそく議事に入りました。

今回の総会は、出席常連者の欠席が多く、少々さびしい総会でありました。
NPO関係者の共通した最大関心事である、法人の財政状況は、理事長以下職員の努力や、教委の積極的な助言指導のおかげで補助事業の導入、美術館改装中の町の調査研究事業、更には北海道銀行との共催事業、など各種の事業実施により歳入面の拡充が図れたこと、寄付金が予定以上に多かったことなどにより、24年度への若干の繰越金があり、一安心でした。
冬季開館も何年やれるかと全く自信を持てませんでしたが、5年を経過する事ができ、感慨深いものがありました。

今後の問題は、平成24年度収支計画では赤字が予想され、如何に収支均衡にするかの問題と、法人化当時と変わらない(具体的には開館以来据え置かれた)職員給与を改定する問題があります。二律背反する問題でもはありますが、避けて通れないものと思うものです。
今後とも法人設立趣意を忘れることなく役職員一体となった法人運営と“絵の町岩内”“みんなで作る美術館”を目指し、子供たちが岩内町の誇りと胸を張ることができる美術館となるよう一層の努力をしなければと決意させられた総会となった次第です。

なお提出議案は、すべて原案の通り承認され、午後7時15分閉会となりました。
理事の皆さんそして職員の皆さんご苦労様でした。 

(M・N)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析