美術館講座2012 はじまりました

5月12日(土)、今年度の「美術館講座」がはじまりました。
事前に予約がなかったにも拘わらず、町内・町外から常連・新規さん、8名の方が集まってくれました。

リニューアル後初の美術館講座のテーマは「新しい木田金次郎の話」。昨年度新たに収蔵された作品を中心に、岡部学芸員の解説を聞きながら「ようこそ!新しい木田金次郎」と「木田金次郎 色紙の世界」を、コーヒーブレイクを挟み鑑賞しました。技法や木田金次郎がどのような考えで制作をしていたのかなどの質問が飛び交いました。

DSC05934.jpg

今年度の美術館講座は全4回。
4回全て参加された方には、修了証書と記念品を差し上げます。
参加希望の方は、事前にお電話(0135-63-2221)でお申込みいただくか、当日直接お越し下さい。
皆様の参加お待ちしております。

今後の予定
7月16日(月)午後2時~「田園を愛した画家-児島善三郎の芸術」を聴講
児島善三郎は生年・没年ともに木田と同じです。木田とまったく同時代を生きた画家です。この日は木田金次郎の誕生日。児島善三郎展覧会を手がけた、志賀秀孝氏(府中市美術館学芸員)の講演を聴講します。

9月15日(土)午後1~3時「私のまちの山岸正巳」
岩内出身の画家で、今なお多くの町民に親しまれている山岸正巳とその作品。岩内町民の皆さんが所蔵する山岸の魚介の絵を見ながら、その魅力に迫ります。

11月10日(土)午後1~3時「平成の生れ出づる悩み2012」
木田が有島と出会って100年を超えた今、悩みながらも制作に励む若手作家たちの作品を公募。2回目となる今年の受賞作家を招き、作品と自身について語っていただきます。

(G・I)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析