FC2ブログ

イタリア美術とナポレオン展

- 札幌芸術の森美術館で鑑賞 -

geimori-panf.jpg

 眩しい新緑の中一路、札幌芸術の森美術館へ今年度初めてのボランティア研修で、会員と一般の希望者22名で出かけました。
 日本で初めて紹介される仏領コルシカ島にあるアジヤクシオ市立フェッシュ美術館のコレクション展とあって、心躍らせて参加したのは私だけではなかったと想像します。
 学芸員の説明を聞き、ナポレオン皇帝の若干の理解はできたものの何故か緊張して、早く観たいと気もそぞろでした。ちょうどお昼時でもあり食事の後バス時間まで2時間ゆっくり鑑賞の時間が取れました。

 館に入ってすぐ、ジョゼフ・フェッシュ卿の肖像画が掲げられておりました。此の方はナポレオン一世の叔父であり、戴冠式ではローマ法王に随行したという皇帝にとっては、意義深い親族だと言われています。
 この叔父によりルーブル美術館を凌ぐほどの、所蔵品を有したそうです。
 現存する1000点の中から61点を選りすぐり、宗教・肖像・風景・静物画等々貴重なコレクションを拝観するのですから興奮を覚えないわけはありません。
 私は欧州旅行をした時、ルーブル美術館でナポレオンの戴冠式その他戦争出陣の絵など観てきているので二重の感動でした。
 静物の果物、肖像画の透けたベール・シルク・ビロード生地等驚くほどの感触が伝わりました。当時の絵画技術の粋を観賞できました。しかし当時の画材は岩絵の具を玉子で溶くといった方法でテンペラ画といわれ現在の手法とは異なっています。だからこそという思いもしますが、540年前の光と闇のドラマ等拝観しないと実感が掴めません。
 ナポレオン皇帝の権威の象徴として身につけたダイヤの数・カラット等唖然としてしまいます。
 紙面の都合で書き尽くせませんが、絵画、特に宗教画の鑑賞法等学芸員の説明が丁寧で解かり易かったです。ボランティアの得した一日でした。
geimori-kai.jpg

M.K
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析