渡辺淳ワークショップ「こどもの絵画教室

2月18日(土)、ふるさとこども美術展の表彰式を終えた日の午後1時。
岩内地方文化センター、美術工芸室にて、特別審査員である渡辺淳さんによるワークショップ「こどもの絵画教室」が開かれました。

渡辺さんは昨年12月にワークショップを行う予定でしたが、体調不良のため、岩内町に来ることができませんでした。そのため、岩内の子どもたちとふれあうことが出来る今回のワークショップをとても楽しみにして来てくれたそうです。

DSC05612.jpg

参加者は小中学生とその保護者あわせて19名。たくさんの方にお越しいただきました。
はがき大に切った画用紙に、絵を描いていきます。
まずは渡辺さんのデモンストレーション。渡辺さんが得意とする3つの技法を教えてくれました。

まずは、スプレーを使った技法。
DSC05624.jpg
渡辺さんの淡く細かな色づかいはスプレーを使っていたのか!と、子どもたちと同じように驚いてしまいました。
いくつかの色を組み合わせて、画用紙にスプレーしていきます。
乾かしている間、次の技法へ。

次に、水彩絵の具を使います。
画用紙に、水で薄く溶いた絵の具で葉っぱを描きます。
その後、前に描いた部分に別の色を乗せて、画用紙をいろんな方向に動かすと…
二番目に乗せた色が、はじめに描いた葉っぱの形にそって、色が流れていきます!
DSC05605.jpg
2色が、微妙なグラデーションを作り、とてもいい色。
別な色を乗せて画用紙を動かす、という作業を繰り返すと、色に深みが出てきます。
さらにスプレーで仕上げると、子どもたちから歓声が。

最後は、先ほどスプレーした画用紙に、点々と細かく修正ペンを乗せていきます。
乾いたら、水彩絵の具でカラフルに色を乗せると…、岩内の夜景に!
DSC05610.jpg
子どもたちからまた歓声が。
ゆっくりと完成していく絵に、子どもたちは興味津々の様子。
早くやりたい!と子どもたちうずうず。
じゃあみんな自由に描いてみよう!と渡辺さんが言うと、思い思いに描き始めました。

初めての技法を教えてもらった子どもたちは、楽しく絵を描いていました。
意外だったのは、保護者の方も楽しんで描いてくれていたということ。大人の方が、夢中になっていたかも?

DSC05614.jpg
DSC05619.jpg
DSC05629.jpg

渡辺さんのアドバイスを受けて描いたり「いいね~!」なんて言われると、大人でも嬉しくなっちゃいます。
わいわいとおしゃべりしながら描いた2時間はあっという間に終了。

最後に、作品を持って記念撮影。みんな個性的な絵が完成しました。

DSC05634.jpg

渡辺さんと一緒に来てくれた、若州一滴文庫の下森学芸員さんは、「先生が一番楽しんでた」と言ってました^^

参加者の皆さん、お疲れ様でした!
渡辺さん、楽しい時間をどうもありがとうございました!

(G・I)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析