「第17回 ふるさとこども美術展」の風景

2月某日、10名の審査員の皆様による、ふるさとこども美術展の審査が行われました。

DSC00020.jpg

今年は、改修工事のため、審査は岩内地方文化センターの一室で行われました。
床にずらりと作品が並べられた光景は、きだびの冬の風物詩のひとつ。
今年の応募総数1349点の中から、1点1点審査する審査員の方々の目は真剣です。
「今年は選ぶのが難しいわ」「良い作品ばかりだなあ」「落とすのがもったいないけどな~」
と、頭を悩ませながら審査しました。

DSC00050.jpg

それでも、今年は例年より少し多い332点の作品が選ばれ、展示となりました。

そして迎えた展示作業の日。展示場所も文化センターです。
今回の文化センターの展示ではボートに貼っていくため、美術館より貼りやすく、作業もスムーズ♪
ボランティアさんのお手伝いの甲斐あって、無事終了しました。

2月17日、今回の特別審査員である、渡辺淳さん(福井県おおい町在住・画家)が、若州一滴文庫学芸員の下森さんと一緒に文化センターを訪れました。

DSC05533.jpg

展示された作品を見ながら、じっくりと作品を選んでいく渡辺さん。
ひととおり絵を見た渡辺さんからは、「岩内の子どもたちの絵はとてもいきいきしていて、レベルが高く力強い」との感想をいただきました。審査員特別賞1点を決めていただくのに、時間をかけて選んでいただきました。

DSC05649.jpg
選ばれたのは、岩内中央小学校の佐藤陽寧さん「木のある風景」
「はじめからおわりまで、統一された色のトーンで描かれており、全体の調子が良い。
木の枝一本一本、葉っぱ一枚一枚時間をかけて丁寧に描かれており、木とお話しながら描いているようです」と、渡辺さん。

そして18日午前10時30分からは表彰式が行われました。

DSC05551.jpg

今年はインフルエンザの影響や、ほかのイベントがぶつかるなどで、都合が合わず欠席者もいましたが、表彰されるみなさん、それに付き添う両親、学校関係者の皆さんと、多くの方が出席しました。
特に、団体賞を受賞した蘭越町の御成小学校からは、校長先生をはじめ、たくさんの先生にお越しいただきました。

DSC05555.jpg

受賞者一人一人の名前が呼ばれ、賞状と副賞を渡し、その後は審査委員長である岩内美術協会の坂口美津雄さんから佳作以上の絵について、一点一点講評がありました。

DSC05596.jpg

表彰式終了後は、作品の前で写真を撮ったりするなど、毎年のことですが、ほほえましい光景がありました。

こども展は今週いっぱいまでです!
力いっぱい描いた子どもたちの作品をどうぞお楽しみ下さい。

****************************

第17回 ふるさとこども美術展
2月18日(土)~3月4日(日)    入場無料
岩内地方文化センター ホワイエ(木田金次郎美術館隣)  
開場時間 10:00~17:00(入場は16:30まで)

****************************

(G・I)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析