大人の絵手紙教室に参加して

 閉館中のイベントである「大人の絵手紙教室」が12月17日(土)午後1時から文化センターで開かれた。絵手紙は初めてなので主人と2人で申し込んだ。定員20名もクリアされ、賑やかな教室となった。
 初めに名古屋から来られたという日本画家の瀧下尚久(まさひさ)さんが講師として紹介された。
DSC04981.jpg
瀧下さんは2008年に木田美術館で個展を開いているので、今回で岩内は3度目とのことである。
DSCN0605.jpg
 講師から描き方の説明があり、その時気さくな印象だったので内心ホッとして早速取り掛かった。水彩画は始めに鉛筆などで下書きし、形が決まったら少しずつ色を載せていくのだが、絵手紙は最初から絵の具で描くとの事である。また題材も資料の絵と野菜や果物たちで私のテーブルにはカットされた南瓜、みかん、大根が置かれていた。
 さて、何を描こうかなと暫し題材とにらめっこ、結局南瓜に決めた。まず紙パレットに使う色を搾り出し筆につけたが、身体が思うように動かない。最初の一筆がなかなか踏み出せないのである。思い切って紙に筆を押しつけた。そして息を止め一気に輪郭を描いた。ハァー!疲れた。
 みんなはどうしているのだろうとそっと辺りを見回した。同じく息を止めているのか静かである。ヨシヨシ、南瓜の皮、種などを適当(?)に描き、みかんも大根も続けて描いていった。
DSC05040.jpg
 1時間ほど過ぎて5,6枚描いた頃からがやがや、ぺちゃくちゃ、女性特有の賑やかさが戻ってきた。そして私も自分の作品を持ち隣のテーブルへ。お互いの作品を見せ合った後再び描いてみたら意外や結構スムーズに描けるのである。
 最後に、それぞれの「私の1枚」を持ってパチリ、本当に楽しい講座であった。
DSC04989.jpg
次回もありますか?是非!!(T・T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析