滝川で木田作品が展示されます!

お知らせです。

11月20日(日)から滝川市美術自然史館で開催される
「ふるさとの画家 坪谷六郎展」に、
木田金次郎美術館収蔵の10点が出品されます。

坪谷六郎展2011チラシ

坪谷六郎さん(1920~2004)は、
滝川で活躍された道展会員の画家。
耳鼻科医として滝川で開業され、
滝川市医師会、滝川市文化連盟の会長も務められました。

かつて岩内協会病院の耳鼻科医として勤務していたときに
木田と出会い、
木田から大きな影響を受けた画家です。

滝川の芸術文化振興に尽力された
坪谷さんの画業を回顧するこの展覧会に、
師である木田金次郎の作品が出品されることになりました。

当館でも2002年4月に、
「三人の門下生展」として、
坪谷六郎・小野垣哲之助・青塚誠爾 の各氏の作品を展示しました。
この時は、お三方ともお元気でした。
(12月8日~の「きだび写真館」で当時の写真を展示します)


「大火直後の岩内港」「バラ(絶筆)」をはじめ、
代表作が岩内を離れて展示されるのは、
木田美術館開館以来はじめてのこと。

臨時休館中のこの時期だから実現した、
代表作の特別展示です。

この機会に滝川へどうぞ。展覧会は1月29日(日)までです。

(学芸員 岡部 卓)

※ 来年1月中旬に、滝川行きのバスツアーを予定しています。
  詳細決定次第、お知らせいたします。


****************************
ふるさとの画家 坪谷六郎展
11月20日(日)~2012年1月29日(日)
滝川市美術自然史館 滝川市新町2-5-30
****************************
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析