FC2ブログ

若洲一滴文庫を訪ねて その1

車は丹波の低い山並みを縫うように続く舞鶴若狭自動道を一路北に向かう。今朝未明、4時30分に岩内を出発して千歳空港から神戸空港へ、神戸空港から車で向かう先は、作家・水上勉氏が故郷福井県大飯町に創設した“若洲一滴文庫”である。木田金次郎美術館・瀧澤館長をキャップに随行3名を加え、4名の一行である。

 京都府と福井県の県境近く、若狭地方の佐分利谷で炭焼きや田んぼ仕事、郵便配達をしながら独学で絵を描き続け、日展入選8度の実力ながら、中央画壇とは一線をかくし、故郷に留まり、水上勉氏の新聞連載小説の挿絵を描き、水上作品の書籍の装丁を数多く手掛けた画家で、在野のまま真摯に絵画と向き合い制作に打ち込む姿勢や、その生き方が木田金次郎画伯と重なる、渡辺淳氏を訪ねる旅である。
渡辺淳氏は優れた描写力と独自の視点からふるさとを描き続け、他方以前より「お絵かき教室」などを通じ、地域の子供達の絵画指導にも熱心に取り組み、美術の教育普及活動にも力を尽くして来ました。今回の一滴文庫訪問は、渡辺淳氏に木田美術館の「第17回ふるさとこども美術展」の審査委員長就任依頼と、「ふるさとこども美術展」と若狭の「お絵かき教室作品展」の児童画の交換展示の開催や、絵画や絵手紙のワークショップの実施などをお願いするのが目的でした。更には、2001年と2004年に木田美術館で開催し大変人気の高かった「渡辺淳展」を今一度行う事が出来ないかを探る旅でもありました。

 10時30分に神戸を出発した車は、途中丹波の西紀サービスエリアで昼食と休憩をし、14時に目的地若洲一滴文庫に到着した。
一滴文庫
受付で来意を告げると待ちかねたようすで渡辺淳氏が出迎えてくれた。5年ぶりの再会である。早速一滴文庫中央部に位置する六角堂に移動し、NPO一滴の里・杉左近孝夫理事長と時岡博嗣学芸員とお会いし挨拶を交わす。名刺に「水上文学のふるさと若洲一滴文庫」とある。かつて水上勉氏のもと、この施設の開設にかかわった渡辺淳氏は顧問である。瀧澤館長が今回訪問の趣旨を説明し了解を頂き、今後の具体的スケジュールは時岡学芸員と調整する事で打合せは順調に進んだ。杉左近理事長より今後も交流の輪を広げていきたいとの意向が語られた。話が一段落した時、にこやかな笑顔で旧知の竹紙漉きの西村雅子さんが駆け寄って来た。またまたなつかしい再会である。古来中国で行われていた竹の繊維で紙を漉く、いわゆる竹紙の再興を計り、水上勉氏がここに工房を構え、苦心の末成功したが、現在その技術を伝承し工房(若洲一滴文庫竹紙すき舎)を守り、素朴な味わいの雅味のある作品を生み出している竹紙作家である。

岩内木田金次郎美術館来館4名 005

岩内木田金次郎美術館来館4名 008

 渡辺淳画伯、西村雅子さんとしばし懐古談を交わした後、折から一滴文庫本館特別展示室で開催中の「渡辺淳展-ふるさとをかく-」を鑑賞し、施設の竹人形館、くるま椅子劇場、竹紙工房などを一巡し、15時50分、渡辺淳氏の見送りを受け、岩内での再会を約し、私達一行は今夜の宿泊地京都に向けて一滴文庫を後にした。《続く》


岩内木田金次郎美術館来館4名 003

(M・T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析