FC2ブログ

伝わる中学生の思い

 回を重ねておなじみとなった岩内二中美術部作品展。会場は第4展示室。今回も画面いっぱいの新鮮な感覚に目を奪われる。出品点数は1年21点、2年4点、3年13点の計38点。うち額入りの6点は昨年のニセコ・有島青少年絵画展出品作で入賞作2点が含まれている。
 正面右端、小野寿子さん作「花の精霊」の幻想性に惹きつけられるものがあり本人の感想に目が行く。
 「精霊(少女)の髪の毛をくるっとしてみました。花をシャボン玉に入れて飛ばしたらいいなあという私の思いつきでこの絵ができました。明暗、大変でした。でも私のお気に入りの一枚です。」
全作品に本人のコメントがつくのもこの作品展の大きな特徴だ。一見、何を表したのだろうと迷う絵も、絵-コメント-絵の順で気持ちが見えてくる。制作意図を理解するのにとても役立つ。19日、当番の部員3名に部活動について尋ねる。

1.今回の作品展でどのようにして題材を決めましたか。
   テーマが二つあり、「立体とグラデーション」と「空想画」。一人2枚の課題だった。
2.部活動で楽しいことは何ですか。
   デザインを考えること。・色を考えること。・下書きをどうするか。
3.好きな画家を教えてください。
   西村計雄(二人)
(O.Y)
スポンサーサイト



コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析