ここでも会える木田金次郎『THE JR Hokkaido』2008年5月号

5月です。ゴールデンウィークまっただ中。
例年にない暖かさで、岩内の桜も散り始めています。
ニセコに抜ける「ニセコパノラマライン」も開通しました。

さて、今回は、雑誌のご紹介です。

jr-hokkaido1


JR北海道の車内誌『THE JR Hokkaido』5月号。
特集記事「有島武郎の忘れ形見」に、
木田金次郎のことが紹介されています。

今年は、有島武郎の生誕130年という節目。
有島が過ごした北大、農場があったニセコ、
そして、『生れ出づる悩み』の誕生に連なる、木田が暮らした岩内。
これらの街を取材した、読み応え十分の特集です。

この雑誌は、5月中は、
JRの駅や、特急などの車内で目にすることができますが、
編集者さんのご厚意で、当館にも数部ございますので、
どうぞご覧下さい。

jr-hokkaido2
↑当館を取材した内容も掲載されています。

因みに、永くこの雑誌の表紙を担当されているのは、
貼り絵作家として人気の藤倉英幸さん。
岩内高校美術部のご出身です。
当館「夏休みワークショップ」の講師もつとめていただきました。

岩内に連なるご縁、さまざまです。


《 『THE JR Hokkaido』 》

2008年5月号(通巻243号)
特集「有島武郎の忘れ形見」
~札幌・ニセコ・岩内にたどる、理想の軌跡~
8ページ  文=北室かず子



(学芸員 岡部 卓)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析