Volunteer Diary

23,5,29
 今日は、朝から暖かいです。上着を着て来ましたが、もしかしたら必要なかったかもしれません。もう6月になりますね。「第113回岩内美術協会春季展」を観てきました。どの作品も力作で、完成に至るまでの苦労と努力が溢れていました。私も絵が描きたくなりました。絵は、本当にいいですね。(Y・I)

23,6,3
 大輪の素晴らしいベゴニア(球根)の鉢が中庭に移っています。エントランスのちょっとエキゾチックな鉢も楽しい感じがします。知らない植物が植え込まれているので、時々注目していきます。(S・M)

23,6,4
 4号室で木田の素描展。色をつける前に数多く素描を重ね形を決めていくのだろうと思う。その中で私のお気に入りの一品は「修道院」。敏斌さんの父親への思い出が鎌倉のタウン誌に載った。個人的には群暉にのどから手が出る程ほしかった記事。残念。(O・Y)

23,6,11
 昨日、雁原さんと西尾酒屋さん併設のギャラリーに取材。商店街にこんなステキな場所があろうとは。しかもお酒と美術が程よく調和が取れ人を酔わす。それに奥さんのチャーミングな笑顔。ドロ染めとか渋柿染めとかあまりお目にかかったことない作品も楽しい。(O・Y)

23,6,15
 今日は10人くらいの小団体の監視。お年寄りが多くエレベーターの案内が多かった。「開かずの間」関連の原稿書きのため当時の切抜きを調べる。あのころのスクラップは今でも興奮する。群暉の伊藤直樹さん(当時の道新支局長)紹介記事に使いたい。群暉64号「めぐりあい」で開封の一瞬の感激を書くそうだ。(O・Y)

23,6,19
 どんざ丸54号完成。午前中、団体のお客様が来館される。監視をしていると、お客様が声をかけてくださるのが嬉しい。ボランティアをしていて良かったなあと感じる。54号は、全体的に余裕があったのでちょっと画像(クリップアート)を入れてみた。良いアクセントになった。前田さんの編集後記に着目。乞う御期待。(Y・I)

23,6,24
 書くたびに久しぶりとしているが、今度は少し休まずに来られるかな。がんばろうー。釧路に平山さんを観に行こうと思ったら汽車の事故が怖くてやめました。8月は何があるのか行こうと思います。今日は朝から団体あり。(M・K)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析