「美振協」総会報告

木田美術館の管理運営に当るNPO岩内美術振興協会の第4回通常総会が、5月27日開催されました。

平成22年度の事業活動と収支決算の報告がありました。

本年度の入館者数は、3月11日発生の東日本大震災による自粛ムードの影響もあり、3月は伸び悩みましたが、年間の累計入館者数は前年度に対し、29.68%の増加となりました。
展示事業では、企画展3回と特別展1回が予定通り行われました。第4展示室での各団体やサークル等の作品発表と展覧会は、6回開催されました。又「ふるさとこども美術展」をはじめ、美術の普及や教育を目的とした展覧会、講演会、ワークショップ、美術館講座、イベントなどが合計17回実施されました。
広報活動・情報発信事業では、新聞、放送等マスコミ関係への出稿や情報提供をはじめ、広報誌“群暉”の発行とインターネットを利用して“公式ホームページ”や“どんざ丸”での情報発信活動が続けられました。ミュージアムショップ、ティーラウンジの利用件数は6,760件となりました。

以上が事業活動の概要です。収支決算の報告では収入が対前年比105%、対予算比104%に対し、支出は対前年比104%、対予算比102%でいずれも僅かに上回り、収支関係のバランスがとれた決算となりました。上記の事業報告と決算報告は、いずれも総会で可決承認されました。


次に平成23年度の事業計画と予算案が説明され、原案通り決定しました。平成23年度は10月より翌年3月まで木田美術館の外装や空調設備等の改修工事が行われ、この期間、美術館は休館となります。この為10月以降の美術館活動は、隣接の文化センターをはじめ各所に分散して続けられ、事業規模にいくつかの変更や縮小があります。これに伴い収支予算案も前年に比べ、10%強の減額となりました。

任期満了に伴う役員改選が行われ、理事11名の再任と監事1名の再任、1名の新任が決まりました。
18時30分より始まりました総会は、議案の審議を全て終え、19時40分閉会となりました。

(M・T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析