『ヲルガン』故郷に還る

3月も下旬、年度末ですね。
館の周辺の雪もすっかり融けてなくなりました。
このところの陽気で、お客様の出足も増えてきました。
「やっぱり木田金次郎!」の会期もあとわずかです。
まだご覧になっていない方、お見逃しなく。

さて、去年の夏から当館1階展示室の真ん中に、
お客さんがいたのをご存じでしたか?

organ


そう、「国産最古のリードオルガン」。
1905(明治38)年、横浜・西川オルガン製。

このオルガンは、町内の網元が購入し、
町内の寺院・帰厚院に寄進されたのち、
岩内町郷土館に寄贈されました。

2000(平成12)年に町民の皆さんの協賛により修復され、
音が出るようになりました。
その際、現存するリードオルガンでは、
国産最古のものであることが判明。
同年11月に、「ヲルガン修復1008人コンサート」として、
岩内地方文化センターで演奏・披露されました。

2004(平成16)年11月には、
木田金次郎美術館の開館10周年記念コンサートとして、
西村由紀江さんがこのオルガンを美術館で演奏しました。

西村さんは、「やっぱり木田金次郎!」に、
メッセージを寄せてくださっている、「岩内観光親善大使」でもある方。

そのオルガンが、昨年から郷土館の改修工事による休館のため、
美術館でお預かりして、ご覧いただいていたのです。

実際に誰でも演奏できるのが、このオルガンのいいところ。
ときおりお客様が演奏されていましたね。

さて、改修工事中の郷土館も、
今年の大型連休前にはリニューアルオープンする運びとなり、
本日(25日)、教育委員会の人たちで、郷土館に運び出されました。

木田金次郎とほぼ同世代のオルガン、
いなくなると、展示室がちょっと寂しくなったかな。

岩内町郷土館のリニューアルオープンで、
またお目にかかることができます。

このオルガンも、岩内の宝。
当館ともども、岩内にお越しの際には、ぜひお立ち寄りください。

《岩内町郷土館》
岩内町字清住5-3 (美術館から徒歩15分)
リニューアルオープン: 4月26日(土)の予定(変更する場合もあります)

(学芸員 岡部 卓)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析