決め手はビンゴ ‼ 美術館新年会

「次、オキナワで~す。オキナワに○つけてくださ~い」
「最後、香川です。これで終わりました・・・」

DSCN2436.jpg

佐々木さんが県名を選び、斉藤さんが紹介する。美智子さんの澄んだ声が会場に流れるとその都度どよめきが上がりリーチだ,ビンゴだとあちこちでクライマックスになる。ポプラの会事務局が新年会に新趣向をと企画、準備した県名ビンゴ。

DSCN2439.jpg

カードも出席者の手作り参加型のユニークな試みで全員テンション上がる。カードの24マスに35の県名から選び手書きして自分用のカードを作るのだが、それが正に十人十色。ここには息子がいるから、宮崎可哀想だから、親の生れたところだ、行ったことがあるなど飛び交う言葉、はじける笑いで子どもに返ったような大賑わい。

美術館新年会は1月28日(金)。会場は「日本海」。参加者37名。6:30開会。
館長挨拶は23年度冬期間の大改修と、ふるさと子ども展応募点数が昨年を約200点上回り少子化傾向の逆風の中ますます充実、期待してほしい等のメッセージがあった。
表教育長の乾杯後に祝宴となり各テーブルで歓談、さらに席を替え交流へと輪が広がる。この人と人との結びつきこそ木田美術館を支え育て町の文化としてその存在価値を高めている。

DSCN2446.jpg

8:30締めはポプラの会を代表し高橋さん。本年度から事務局4人による執行体制になったこと、余興は頭の体操のビンゴで楽しんでもらったこと、そして今後も皆さんの応援をお願いしたいと述べお開きとなった。外は猛吹雪だったが、改修工事中の事業の取扱い等17年目を迎える美術館の将来像について熱く語り合った新年会であった。

ちなみに、ビンゴの景品はボランティアが家庭内の不要物の中から利用可能なものを持ち寄った生活用品で主婦の経済感覚が働く。また不足分は館の補充。なお、一等は職員の泉さんが見事仕留めた。おめでとう、今年はいい事ありそうだよ。

(O・Y)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析