FC2ブログ

『美術ペン』に木田美「田上義也展」

1966年に創刊され、
北海道の美術批評を担ってきた批評誌『美術ペン』
(北海道美術ペンクラブ発行・年3回発行)。その132号に、
木田金次郎美術館で開催された
「田上義也―北方建築の種」展のことを書かせていただきました。

美術ペン2011冬
拙稿「木田金次郎美術館『田上義也―北方建築の種』展によせて」

編集同人のおひとり、
岩内出身の美術評論家・柴橋伴夫さんから依頼をいただき、
岩内で田上義也を取り上げることになったきっかけ、
調査の模様や会期中の関連事業についてなど、
たっぷり書かせていただきました。

この依頼をいただいたのが、昨年10月30日。
札幌芸術の森美術館での
「さっぽろ・昭和30年代」のオープニングの時でした。
伝統ある批評誌『美術ペン』は、
この展覧会のテーマでもある
「なかがわ・つかさ」の活動を受け継いだもの。
当館のような、地方の活動まで取り上げていただき、
とてもありがたいことです。そのご縁に感謝しています。

(学芸員 岡部 卓)

『美術ペン』132号は、
当館ロビーやティーラウンジでご覧いただけます。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析