10月12日役員会

10月12日、木田美術館運営団体(指定管理者)岩内美術振興協会の役員会が開催されました。
 2007年度上半期の活動報告がありました。入館者数は前年度9.250名に対し、今年度は16.059名で対前年比168.8%の増加となりました。又、指定管理者制度への完全移行となった今年度は美術館の入館料や運営費など予算執行や収支バランス等、財務管理が重要な仕事となりました。この点に関しては、会計処理システムの改善、更には展覧会の共催促進や、広告スポンサーの獲得、イベント事業の活性化等収入源の多様化を図り、他方管理諸費の節減により、通年開館へ向けて財政面からの展望も開けて来たとの報告がありました。
 美振協が申請中のNPO法人資格は本年11月認可され、その後法人登記等の手続きを経て資格取得の予定です。
 以上の通り上半期の事業報告では入館数の増加、適正な財務管理等、指定管理者としてのマネージメント能力が高く評価される結果となっております。今後は全国の木田ファンや、多くの町民、美術関係者の願いに応えるべく冬期開館、通年開館実現へ向けての努力が求められる所です。(T.M)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析