FC2ブログ

入選者決定!「平成の『生れ出づる悩み』コンテスト2010」

開拓の村・有島旧邸
100年前の1910(明治43)年11月、二人が出会った有島武郎の家
(北海道開拓の村に移築)


ちょうど100年前、自らの境遇・制作活動に悩む木田金次郎が、
偶然見つけた有島武郎の住まいに作品を抱えて訪れたことに始まる
二人の交流が小説『生れ出づる悩み』のモデルになった出来事に因み、
北海道で制作している若手美術家を募集する公募展、
「平成の『生れ出づる悩み』コンテスト2010」
(北海道開拓の村、木田金次郎美術館、北海道新聞社主催)
の入選者が決定しました。

応募いただいた皆さん、ありがとうございました。

(あいうえお順敬称略)

入選
石垣 渉(札幌市)
小林龍一(札幌市)
駒澤千波(札幌市)
櫻井 亮(夕張市)
佐々木彩(札幌市)
佐藤仁敬(札幌市)
新見亜矢子(札幌市)
向中野るみ子 (札幌市)
安田直子(滝川市)
安田祐子(函館市)

審査員特別枠
冨田直和(八雲町)

以上の入選者の作品は、有島と木田ゆかりの2会場、
北海道開拓の村
(会期:10月9日(土)~24日(日)
木田金次郎美術館
(会期:11月13日(土)~28日(日)

にて展示されます。

どんな作品に出会えるでしょうか。
いまから楽しみです。

(学芸員 岡部 卓)

安達牧場に向かう木田と有島
1922(大正11)年7月、有島武郎が岩内を初めて来訪。
安達牧場に向かう木田と有島



審査員
大下智一(北海道立函館美術館主任学芸員)、岡部卓(木田金次郎美術館学芸員)、久米淳之(北海道立近代美術館主任学芸員)、古道谷朝生(網走市立美術館学芸員)、細川健裕(北海道開拓の村学芸員)、三浦泰之(北海道開拓記念館学芸員)、宮井和美(北海道公園緑化協会(モエレ沼)学芸員)、山際晶子(北海道開拓記念館学芸員)

***************************
平成の「生れ出づる悩み」コンテスト2010
展覧会 北海道開拓の村会場  10月9日(土)~24日(日)
    木田金次郎美術館会場 11月13日(土)~28日(日)

***************************

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析