「開館前作品展」DATA完成

木田金次郎という画家を全く知らない私でしたが、開館時からボランティアをし、開館前に札幌で開催されたプレビューに参加した時、あまりのお客様の多さにびっくり、木田金次郎は知名度が高いのだと初めて知りました。
 その後、毎日のように美術館に通いボランティア仲間といろいろ話し合いました。監視はもちろんだが、何か自分たちですることがないかと。そこでとにかく記録をしておこうということになり、当時久米学芸員にいままでの作品展の資料をお借りしてノートに写して勉強しました。
 平成9年、ボランティアグループ「ポプラの会」が発足し、解説部を担当することになったので、ひたすらいろいろなデーターを集めました。その後解説部はなくなり、パソコンも導入されて開館後のデーターは美術館が整理したので、私は開館前の作品展を中心にCDにまとめることにしました。しかし、会の活動の中ではなかなか進まず15年が過ぎてしまいました。

CD_20100904141903.jpg

 思えば自分の勉強のためにした記録が美術館の役に立つということは本当にうれしく、あまり気負わずにコツコツ進めてきたことが、今まで続けて来られたのだと思います。一つの責任を終えた事で、また新たにこの活動を続けていく励みとなりました。(T・T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析