FC2ブログ

2年前の鳥取への旅―田上義也あれこれ(2)

今から2年前の2008年7月下旬、
私は鳥取に行ってきたのでした。

鳥取砂丘
鳥取といえば「鳥取砂丘」。午後7時でも暑かった…。

神戸空港からレンタカーで中国山地を約3時間。
初めて訪れた鳥取は気温35℃!

ところで、なぜ鳥取を訪れたかというと、

鳥取県立図書館
「橋浦泰雄の遺したもの―鳥取の文学・民俗学の黎明―」

鳥取県立図書館の方から、この展覧会のお知らせをいただいたからです。

2007年に当館で開催した「橋浦泰雄―旅への導き」展。
実は、木田金次郎が橋浦泰雄に宛てた書簡類が、
橋浦家から寄贈され保管されているのが、
橋浦の故郷・鳥取の県立図書館。

お知らせいただいたのもご縁と思い、思い切って(自費で)鳥取へ行ってみたのでした。

この旅には、2005年に当館で講演いただいた、
斎藤弘美さん(フリーアナウンサー・民俗学地域史研究者)も東京からご一緒に。
斉藤さんの計らいで、鳥取の博物館・図書館の学芸員の皆さんとお話しすることができました。

橋浦泰雄が生まれた場所、鳥取市の隣町・岩美町岩本へも行ってきました。

鳥取県岩美町岩本
鳥取県岩美町岩本。車も通れない路地の街でした。

前置きが長くなりましたが、
この旅でコピーさせていただいた橋浦泰雄宛て木田金次郎書簡の一部を、
「田上義也―北方建築の種」展にて紹介しています。

橋浦泰雄宛て木田金次郎書簡
資料ケース下段の資料がそれ。

1925年1月と2月に、木田が橋浦泰雄に宛てているのは、
岩内の「白水会」が開催する「田上義也ヴァイオリン独奏会」の打ち合わせ。
演奏会の会場や、橋浦と田上が作った曲について、
当時札幌に滞在していた橋浦とやりとりしています。

書簡の詳細については、展覧会場でじっくりと。

旅での収穫が、2年越しに皆さんにお伝えできる、
とても嬉しい機会となりました。

資料調査、展示協力をいただいた鳥取県立図書館に、
心より感謝申し上げます。

(学芸員 岡部 卓)

***************************
2010特別展示
木田金次郎の交流圏
「田上義也―北方建築の種」展
11月7日(日)まで開催中
***************************
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析