FC2ブログ

渡辺淳氏挿絵・図書紹介

1.詩画集「あいうえ あそぼ かきくけ けいこ」

2.「平和の願い」

 2001年夏、2004年春に木田美術館主催で二度作品展を開催し、当館ともご縁の深い渡辺淳先生の近著2点をご紹介します。

1.詩画集「あいうえ あそぼ かきくけ けいこ」 aiue-book

○編:西村正平
○絵:渡辺 淳
○発行年月日:2007年10月1日
○1.000円
○企画・発行所:こすもす
(お問合せ先)〒113-0033 東京都文京区本郷5-8-3-506 Fax.03-3815-8530
代表・河田由紀子氏
◇「劇団仮面座」で谷川俊太郎・大岡信・草野心平らと「喋る詩・歌う詩・演ずる詩」シリーズを展開された西村正平氏の選による、北原白秋の「五十音」、まどみちお、工藤直子の作品に加え、自作の「なにぬね なにかが かくれんぼ」など6篇の詩作に、画家・渡辺淳氏の絵が良くマッチし、五十音の響きやリズムが楽しい、大人の絵本とも言える詩画集。渡辺淳氏は作家水上勉氏の著書の装丁を70点余り手掛け、若狭の地で炭焼き、郵便配達、田んぼ仕事をしながら郷土の風土を色濃く描き続け、1983年福井県文化奨励賞を受賞し現在も若州一滴文庫の活動に参画されている。
2.「平和の願い」 heiwa-book-sunao.jpg

○著者:福島ヤスエ
○挿絵・カット:渡辺 淳
○発行年月:2007年8月 私家版
○800円
(お問合せ先)〒919-2114 福井県大飯郡おおい町野尻15-19 Fax.0770-77-0457
代表・福島紀男氏
◇著者福島ヤスエ氏は福井県若狭に生まれ、昭和18年結婚。満州鉄道勤務の夫と共に満州アルシャンへ渡る。昭和20年8月ソ連軍の突然の開戦進撃により逃避行が始まり、約一年後の昭和21年8月に故郷若狭に帰還する。この間、水、食糧もなく栄養失調で倒れて行く人々や自分の手で我が子の命を絶つ母親の姿など戦争による地獄のような悲惨な体験を綴り、再びこのような戦争が起きないようにと願う著者の平和への思いが伝わる体験記。表紙や本文に渡辺淳氏の挿画、カット等多数。
母の手記を次男福島紀男氏が出版。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析