「きだび写真館」はじまりました

きだび写真館ポスター


岩内は雪融けがかなり進んできましたよ~。

美術館では3月20日(土)から、
開館15周年記念「きだび写真館」がはじまりました。

この展示では、開館以来、
現在まで当館で開催した様々な展覧会やイベントを、
写真で振り返るものです。

あれこれ写真を選んでいたら、100点を超えてました。
何度も来館されている方にとっては、
懐かしい写真がいっぱいだと思います。
また、「こんなこともやっていたんだ」という発見もあるかも。

きだび写真館
写真は107点。みなさんにとって懐かしいシーンがいくつかあるかも。

木田美術館15年。
結構、見応えのある展示になりました。
ふらっと観にきてくださいね。

(学芸員 岡部 卓)

*****************************
 開館15周年記念
 きだび写真館
 3月20日(土)~4月4日(日) 展示室4 入場無料
*****************************

スポンサーサイト

コメント

写真だけでも楽しめました

写真、といっても、パソコンでプリントアウトされたものの様でしたね。
でも、開館前後に、デジカメではない、写真機で撮ったとみられる、日付の入ったモノも何枚か観られ、往事を懐かしむことが出来ました。
(前町長さんの容姿の変遷なども楽しみました)

青塚先生が早足で歩いて明確な記憶を語って下さった「千石場所バスツアー」、涙がでそうになりました。さすが木田の背を追って描いた方、当時20代の私でしたが、歩く速さについて行けず、半分しかお話を聞いていなかったです(涙)

そして現在に至るまでの各種イベントでは、それぞれの想い出がよみがえり、ああ、こんなこともあったな~色々やってきたんだなあ~木田美術館は。との感慨に浸ることができました。
でも最後の、学芸員さんらしき怪しい仮面の人で展示が終わっているのは、謎と期待が湧いてきて、次回を期待してしまいました。

アヤシイ学芸員は…

岩内人さん

当館の活動にたくさん参加していただき、ありがとうございます。
プリント写真からデジカメ画像へと、この15年間はとても長い歴史なのだと、写真を選びながら思っていました。

青塚先生から様々な木田金次郎のお話が伺えたのも、
いまとなっては本当に貴重な体験でした。

これからも木田美術館は、いろんなことをやっていきますよ。
アヤシイ学芸員は、もっとアヤシクなるかもしれませんが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析