FC2ブログ

小さな学校が大健闘―「ふるさこども美術展」

ここ数日、岩内は急速に雪解けが進んでいます。

2月21日に終了した「第15回ふるさとこども美術展」。
25日に、応募作品を各学校にお返しするため、
館長と職員Gと私で後志管内を巡りました。

こちらは15周年記念特別賞「ポプラの会賞」を受賞した、
蘭越町立御成小学校
「ポプラの会賞」は優秀作品の多い小規模校の賞。
御成小は5人のうち2人が入賞。

蘭越町立御成小学校
御成小学校(蘭越町)全校生徒5名

こちらは「木田金次郎賞」を受賞した、
グライナー・オリビア・咲さん(1年生)が通っている、
京極町立南京極小学校

京極町立南京極小学校
南京極小学校(京極町)全校生徒11名

訪れた時は、ちょうどスキー授業の最中。
学校の前でのびのびとクロスカントリーをする子供たち。

木田金次郎賞
15thこども展金次郎賞
グライナー・オリビア・咲さんの「ショベルカー」

校長先生にお話しを伺うことができました。
あのショベルカーは、近所の農家の方が、
こどもたちの写生のために、
3時間ほど作業を休んで置いてくれたとのこと。

地域とともに活動する学校の姿を垣間見ました。
11人のうち3人が入賞した南京極小学校は、
今回「団体賞」も受賞しています。

このほか共和町立共和中学校「団体賞」を受賞。

それにしても内陸は雪が多いですね。
多彩な地域・後志のこどもたちの作品、来年も楽しみです。

(学芸員 岡部 卓)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析