FC2ブログ

きだび図書館に行ってみました

ここ数日雪が降り続き、冷え込んでいる岩内です。

1001012-1

お正月の慌ただしさもようやく落ち着き、
ちょっと時間ができたので、展示室4で開催中の
「きだび図書館2009 木田金次郎の本棚」
に行ってみました。

ひとりでじっくりと本を読む時間なんて
なかなかとれないものですよね…

1001012-3

こんな感じでぎっしりと
美術書、画集、展覧会カタログが詰め込まれています。
普段しまい込まれている画集や、
本屋さんで売っていない専門書がずらり並んでいます。

しかもほとんどの書籍が「禁帯出」!

1001012-b

美術館の外に持ち出してはいけない、という代物なのです!!
持って帰るにも…大きくて持ち歩けないカタログが多いですが

なにしろ(人が来なくて)静かです。
適度に暖房が入っていて
じっくり美術書を読むには最高の場所ですね。
大きな展覧会カタログなんか広げ放題です。

木田美術館でも展示された著名な作家の
画集が見やすく置いてあります。

1001012-6
私のすきな佐藤忠良さんもありました。
ここには道銀さんのレリーフや
「亜古ちゃん」が展示されに来たんですよね~

1001012-7
生前、講演もしていただいた小谷先生。
こんなおっきな画集出してたんだ…
画集が大きすぎて、どうしてもまっすぐ写真撮れません。
その分大きい、って想像してくださいませ。

1001012-8
瑞宝章受けた野口弥太郎さんなんかは
こんな分厚くてお値段も張る画集出してます。
箱入りです。部数限定。思わず出してみました…

1001012-a

部数限定なので、各部にロットナンバーが振られています。

1001012-9

うお~なんかすごいぞ~

欲しいけどウチじゃ絶対に買えないし、置く場所がない~
それにこのように…ほとんどが持ち出しできません。
私のようなお金のない美術ファンにはもってこいの機会ですよ!

1001012-4

開館当時からの新聞記事を
ボランティアさん達がスクラップしています。
それらも陳列されています。

1001012-5

懐かしい記事を発見したり…
あの職員さん、こんなだったんだ!なんて当時を思い出しますね~

また、以前このブログで取り上げられた、
関連書籍に関する学芸員の説明

壁面に張り出されています。
館内で買える本もありますから、必見ですね。

イケメンのお兄ちゃんが表紙の
「生れ出づる悩み」
なんかお勧めです~(ノ∀\*)キャ
ちなみに学芸員は、どうみても「おじさん」です。

こういう企画、いつもやっていればいいんですが…
1月17日(日)が最終日。
残念ながらあと数日ですね…

入場無料です。

普通の図書館では観られない書物を
探してみるのは楽しいですよ~

レポートで困っている学生さんには、おすすめかも。(O.R.)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析