鑑賞スケッチノートから

○2009/8/13  札幌市  S.N様
岩内町は亡き母のふるさとです。その地で「文化」を感じさせます。島本融氏は公私の区別のある一級のバンカーでした。

○2009/8/13  札幌市  M.Y様
前にも一度来たことがあり、すごくステキだったのでまた来ました。前来たときはりんごの絵とバラの絵、そして岩内港の風景がとても印象に残りました。今回もじっくり他の作品とかも見ました。とても楽しかったので、機会があればまた来たいと思います。

○2009/8/13  札幌市  S.N様
本日は二時間半で参りました。素敵でした。札幌の本郷新美術館もイイですよー。また来ます。

○2009/8/   石狩市花川  S.T様(98歳)
すばらしい! はじめて絵を見て泣きました。また来たいなーって思います。木田さんさいこうやー!! 屋上もいいネ。

○2009/8/  札幌市  K.K様(財)道銀文化財団
財団事務局員として新たな試みに挑む前に、美術を愛し、支え続けた初代頭取のお心をいただくため札幌より参りました。「企業はときには、その地域の美術や音楽に無関心ではありえない~(中略)それが企業の社会的責任である」胸に響きます。素晴らしい美術品と島本氏のお心にふれ、今一度気持ちを新たにそのお心を継げる仕事ができるよう、精一杯努めます。有り難うございました。

○2009/8/  中川郡中川町 K.K様
素晴らしいものを見て新たに木田金次郎を垣間見れました。永く館が続くと良いですね。

○2009/9/  千葉県我孫子市  K.K様
18歳まで札幌月寒で育ち、郷土出身の素晴らしい画家がいた事をほこりに思います。「あわあわ水素くん」発明者より

○2009/9/18  函館市  N.N様
岩内に根ざした画家、日本海の岩内が良く描かれ非常に感じ入りました。

○2009/9/19  札幌市  T.Y様
港の大漁、賑わう活気! 大漁であってもなくても、船、人、海、空、すべて真剣な。凄い、凄い。

○2009/9/21  札幌市  S.Y様
前回は2006年でした。いつも又来たいと思っていました。再来館できたことが嬉しいです。手稲山の風景、新発見の絵とてもよかったです。

○2009/9/  旭川市  O.M様
やっと来ることができました。力強い作品に感動しました。ありがとうございました。

○2009/9/  釧路市  S.M様
力強くて生き生きとした作品が多く、木田金次郎の「描きたい!」という気持ちが溢れてくるようなタッチですね。

○2009/9/25  小樽市  I.K様
何度見ても圧倒される。画筆から踊るように絵の具が飛び出してきて、ゴチャゴチャになって「はまなす」のなんと可憐なこと。60代後半で亡くなったなんて信じられない。昭和の生まれだったら、110歳位まで沢山の人をもっともっと喜ばせることが出来たはず。 

(T.T)
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析