FC2ブログ

木田金次郎の本棚(15) 『橋浦泰雄伝』

木田金次郎の本棚
橋浦泰雄伝
鶴見太郎『橋浦泰雄伝』

このコーナーも回を重ねて参りましたが、
だんだんと「木田金次郎の交流圏」に及んできましたよ。

本書は、これまで知られることのなかった、
しかし、とても多彩な人物に光を当てた評伝です。

橋浦泰雄自身、帯に記されているとおり、
実に幅広い交流圏をもっていた人物です。

ここに木田金次郎が登場するから面白い。

しかも、非常に重要な部分。
橋浦の業績の大きな柱である、
柳田国男につながる民俗学への関心が、
木田の漁師時代の見聞から生まれたというのですから、驚きです。

人のご縁は本当に不思議なもの。

この本の著者・鶴見太郎さんから、
当館にメールで問い合わせいただいたのが、2006年。

そこから様々なご縁がつながり、
2007年の当館の特別展示、
「橋浦泰雄―旅への導き」展に結実。
鶴見さん(現・早稲田大学准教授)を岩内にお招きし、
講演していただきました。

橋浦泰雄のご縁がさらに続くから、
面白いんです♪木田金次郎は。

(学芸員 岡部 卓)

*****************************

 『橋浦泰雄伝 柳田学の大いなる伴走者』 
 鶴見太郎著 晶文社
 2000年1月発行
 
 この本は、当館展示室4で開催する「木田金次郎の本棚」
 [会期:12月19日(土)~2010年1月17日(日)]でご紹介する予定です。


*****************************
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSリンク
QRコード
QRコード
  1. 無料アクセス解析